The Esoteric Order of Damned Man Site-2

Hello Hello Hello Hello How low? @Kawasaki JAPAN Love sky, sea, alcohol, snorkeling. Pics taken by TORQUE G03, NIKON 1 J4 & D700, I'm DTP Designer

お出かけ:190224 まつりはしご/河津桜まつり・みなみの桜と菜の花まつり@南伊豆行の事


<みなみの桜と菜の花まつり@南伊豆下賀茂温泉

みんカラでほそぼそとやっていたのですが、写真サイズ他の問題ではてなブログに移ってきてみました。よろしくお願いいたします。
The Esoteric Order of Damned Man Site | D3_plusのブログ一覧 | - みんカラ



2019/02/24
電車とバスで「河津桜まつり」と南伊豆の「みなみの桜と菜の花まつり」を梯子してきました。
ちなみに今年の会期は2/10〜3/10。暖冬の影響か例年よりかなり早めに満開になったそうです。八丈島に行っていたのでお邪魔できなかったのが残念です。

南伊豆町観光協会「第22回みなみの桜と菜の花まつり」HP

 

河津駅からは伊豆急行線リゾート21・黒船電車に乗ることができました。
3号車の「伊豆おさかな図鑑(下田海中水族館監修)」に私が撮影したヒリゾ浜のお魚の写真が20点ほど使用されています。

詳細はこちらの記事をご覧下さい。


下田駅からは東海バスで南伊豆の下賀茂温泉へ。
日野(ひんの)の菜の花畑から青野川をさかのぼって、ペンションひだまりさんの期間限定カフェでランチを。南伊豆のジビエは最高です。
空はちょっと曇ってきてしまいましたが、ふわっとした午後の桜と菜の花を。そして無風で最高のコンディションの夜桜ライトアップを堪能できました。


この記事のFlickrアルバムはこちらです。
flickrアルバム:190224 KAWAZU-ZAKURA Cherry Blossoms Festival, MINAMI Cherry Blossoms & Field Mustards Festivai @ South IZU

 

副業の旅行記事でも扱いましたので、参考として転載します。


<かいぎしょ2020年1・2月合併号>


かわさき発 日帰り ぶらり旅 Vol.95

春を先取り
本州最速の桜祭り

みなみの桜と菜の花まつり
静岡県賀茂郡南伊豆町


都心よりも格段に温かい南伊豆の夜。風もなく夜桜見学に絶好のコンディションです。青野川の水面は鏡のように穏やか。ライトアップされた河津桜の列が、どこまでも続いて行きます。満開の桜のピンク、菜の花の黄色、温泉の白い湯気、春のコントラストが目に優しい夜です。

今回のぶらり旅は、早春の伊豆半島へ。静岡県賀茂郡南伊豆町を訪れました。
関東でもいち早く春を迎える、伊豆半島の先端の南伊豆。12月からアロエの花、1月には水仙、菜の花が咲き始めます。2月になると早咲きの桜、河津桜の季節になります。

南伊豆町下賀茂温泉の青野川流域では、今年も「みなみの桜と菜の花まつり」が開催されます。河川敷は河津桜と菜の花でいっぱいに。2月10日〜3月10日の期間中は、毎晩夜桜ライトアップが行われます。日野(ひんの)の菜の花畑で菜の花結婚式(2/16)、みちくさ夜桜マラソン(2/22)、伊勢海老みそ汁の配布(2/23、3/1)、お花見人力車、抽選会などイベントも多数計画されています。隣接する道の駅「下賀茂温泉・湯の花」では多くの出店が軒を連ね、朝から晩まで、新春の南伊豆を楽しむことができます。

みなみの名湯として知られる下賀茂温泉には、多くの温泉施設が並びます。町営の立ち寄り温泉も2か所。大規模で充実した設備の「銀の湯会館」。趣きある外観に、古き良き銭湯文化を伝える「みなと湯」。どちらもほっと温まれる、オススメの温泉です。

お祭りにあわせて臨時営業されるお食事処も見逃せません。豪華な貸切露天風呂が自慢の「ペンションひだまり」では、青野川沿いに素敵なカフェがオープン。南伊豆名物の美味しいイノシシとシカのジビエ料理等が提供されます。適切な処置が施されたジビエは、癖なく柔らか。それでいて野生の旨味が楽しめる逸品です。

 

◦アクセス
【電 車】 JR川崎駅→東海道線熱海駅伊豆急行線下田駅東海バス
【自動車】 東名川崎IC→東名沼津IC→伊豆中央道修善寺→天城→下田→南伊豆町
◦キャプション
①:夜桜ライトアップ
②:桜並木と人力車
③:日野の菜の花畑
 (南伊豆町観光協会:☎0558-62-0141、「みなみの桜と菜の花まつり」2/10〜3/10)
④:いのしか(猪、鹿)ライスプレート
 (ペンションひだまり:☎0558-62-4120、カフェ営業についてはHP等でご確認下さい)
文末:温泉メロンのメロンロールケーキ
 (扇屋製菓:☎0558-62-0061、水曜休、8:30〜18:30)
◦銀の湯会館:☎0558-63-0026、水曜休、10:00〜21:00
◦みなと湯:☎0558-62-0390、火曜休、14:00〜20:00
◦道の駅 下賀茂温泉 湯の花:☎0558-62-0141、9:00〜16:00

 


<LOTUS EUROPA Special@河津>

駐車場にサーキットの狼が!

 


<かじやの桜@河津>

過去最高クラスの混雑だったので、河畔の本会場は避けて踊子花街道沿いの名木を見に来ました。

 


<かじやの桜@河津>

かじやの桜は樹齢50年。原木から枝分けされた河津桜一期生の名木です。

 


<@河津>

JIZO The Guardian Deity of Travelers and children.

 


河津桜原木@河津>

駅から登ってくること約1.2km。
踊子花街道沿いにある河津桜の原木に到達しました。

 


河津桜原木@河津>

樹齢は70年ほど、幹周は約115cm。 1955年に飯田勝美氏が河津川河畔で見つけた桜の苗をこの地に移してきたのが始まりです。

 


河津桜原木@河津>

1974年にオオシマザクラカンヒザクラの自然交配種、新種「カワヅザクラ河津桜)」として命名されました。

 


河津桜まつり@河津>

原木から河畔へ向かいます。

 


河津桜まつり@河津>

用水路沿いにも立派な木。

 


河津桜まつり@河津>

人も少なくて最高です。

 


河津桜まつり@河津>

菜の花畑。

 


河津桜まつり@河津>

豊泉橋の上流に出ます。

 


河津桜まつり@河津>

橋から上流。

 


河津桜まつり@河津>

河原まで降りたいところですが、電車の時間があるので駅方向へ向かいます。

 


河津桜まつり@河津>

毎年お見かけする托鉢のお坊さん。

 


河津桜まつり@河津>

下流域は大賑わいです。

 


河津桜まつり@河津>

頭上も大賑わい。

 

 


河津桜まつり@河津>

低い所まで枝が張っているので見ごたえがあります。

 


河津桜まつり@河津>

ピンクと黄色。

 


河津桜まつり@河津>

逆光は勝利。

 


河津桜まつり@河津>

ミス伊豆の踊子さん。

 


河津桜まつり@河津>

ウェストラインで人を消してみました。

 


河津桜まつり@河津>

花より団子より井戸水とこんにゃく。

 


<踊り子号@河津駅

河津駅に戻ってきました。
踊り子号がいる!

 


<@河津駅

ホームの隙間から見える河津桜

 


<踊り子号@河津駅

見事な下田方面。

 


<黒船電車@河津駅

待っていた黒船電車が来ました。

 


<黒船電車@河津駅

あ、手振ってくれてる!

 


<黒船電車@河津駅

リニューアルしたばかりでピカピカです。

 


<黒船電車@河津駅

THE BLACK SHIP TRAIN.
ちなみにものすごい混雑で、電車の到着も20分以上遅れていました。
お客さんはごっそり河津で降りたので、車内は比較的空いています。

 


<黒船電車@河津駅

河津川通過。

 


<黒船電車@河津駅

手振ってる!

 


<黒船電車@河津駅

3号車のお魚図鑑に座れました。

 


<黒船電車@伊豆急下田駅

下田駅に到着。
東海バスに乗り換えて南伊豆へ向かいます。

 


<日野の菜の花畑@南伊豆下賀茂温泉

下賀茂温泉の手前、日野(ひんの)の菜の花畑でバスを降りました。

 


<日野の菜の花畑@南伊豆下賀茂温泉

ここから青野川沿いを遡ること約3kmが「みなみの桜と菜の花まつり」の範囲になります。

 


<日野の菜の花畑@南伊豆下賀茂温泉

見事な菜の花畑。

 


<日野の菜の花畑@南伊豆下賀茂温泉

夏になるとひまわり畑になります。

 


<みなみの桜と菜の花まつり@南伊豆下賀茂温泉

青野川に出ました。

  


<みなみの桜と菜の花まつり@南伊豆下賀茂温泉

宮前橋手前。

 


<みなみの桜と菜の花まつり@南伊豆下賀茂温泉

映えますね。

 


<みなみの桜と菜の花まつり@南伊豆下賀茂温泉

河津と比べるとのんびりしていて圧倒的に見やすいです。

 


<みなみの桜と菜の花まつり@南伊豆下賀茂温泉

カワセミがいました。

 


<みなみの桜と菜の花まつり@南伊豆下賀茂温泉

加畑橋の手前。

 


<ペンションひだまり@南伊豆下賀茂温泉

ペンションひだまりさんに到着しました。
みなみの桜と菜の花まつりの期間中、素敵なランチ等が食べられるカフェを開かれます。

 


<ペンションひだまり@南伊豆下賀茂温泉

拙作、ヒリゾ浜2019シーズンカレンダー。

 


<ペンションひだまり@南伊豆下賀茂温泉

その名も「いのしかライスプレート」。
南伊豆産のイノシシのスペアリブとシカのハツのロースト!
ふわっとやわらかく、癖もなくしっかりとしたジビエの旨味。最高です!

 


<ペンションひだまり@南伊豆下賀茂温泉

伊豆の万大醸造さんの下田美人にぴったりです。

 


<ペンションひだまり@南伊豆下賀茂温泉

コスタリカのボルカンアズールを挽きたてで…ほっこりします。

 


<ペンションひだまり@南伊豆下賀茂温泉

マスターのプリンちゃん。
ごちそうさまでした!

 


<みなみの桜と菜の花まつり@南伊豆下賀茂温泉

散策再開です。

 


<みなみの桜と菜の花まつり@南伊豆下賀茂温泉

撮影会ですかな?

 


<みなみの桜と菜の花まつり@南伊豆下賀茂温泉

九条橋から上流方面。

 


<みなみの桜と菜の花まつり@南伊豆下賀茂温泉

九条橋から下流方面。

 


<みなみの桜と菜の花まつり@南伊豆下賀茂温泉

九条橋を渡って道の駅側に。

 


<みなみの桜と菜の花まつり@南伊豆下賀茂温泉

桜のトンネル。

 


<みなみの桜と菜の花まつり@南伊豆下賀茂温泉

河川敷に降りてみました。

 


<みなみの桜と菜の花まつり@南伊豆下賀茂温泉

夜桜のロケハンOK。

 


<みなみの桜と菜の花まつり@南伊豆下賀茂温泉

のんびりしていたら雲が出てきてしまいました。

 


<みなみの桜と菜の花まつり@南伊豆下賀茂温泉

斜面の良い風景。

 


<みなみの桜と菜の花まつり@南伊豆下賀茂温泉

ここも夜来たら良さそうです。

 


<みなみの桜と菜の花まつり@南伊豆下賀茂温泉

道の駅の会場に出店されていた、カレーのうくさんでインドのワインなどを。

 


<みなみの桜と菜の花まつり@南伊豆下賀茂温泉

ここ数年は人力車が来ています。

 


<みなみの桜と菜の花まつり@南伊豆下賀茂温泉

道の駅のちょっと上流。
 


<みなみの桜と菜の花まつり@南伊豆下賀茂温泉

湯けむり橋上流方向。

 


<みなみの桜と菜の花まつり@南伊豆下賀茂温泉

左手に銀の湯会館の湯けむりが見えます。

 


<みなみの桜と菜の花まつり@南伊豆下賀茂温泉

湯けむり橋下流方向。

 


<みなみの桜と菜の花まつり@南伊豆下賀茂温泉

銀の湯会館対岸。

 


<みなみの桜と菜の花まつり@南伊豆下賀茂温泉

現在地。

 


<みなみの桜と菜の花まつり@南伊豆下賀茂温泉

どんどん上流へ。

 


<みなみの桜と菜の花まつり@南伊豆下賀茂温泉

開花基準木。

 


<みなみの桜と菜の花まつり@南伊豆下賀茂温泉

河川敷に降りてみました。

 


<みなみの桜と菜の花まつり@南伊豆下賀茂温泉

ヒリゾ浜2020シーズンカレンダーの2月分。

 


<みなみの桜と菜の花まつり@南伊豆下賀茂温泉

レンズを80-200mm f/2.8にしています。

 


<みなみの桜と菜の花まつり@南伊豆下賀茂温泉

曇りで淡い感じになりました。
これはこれでいい感じです。

 


<みなみの桜と菜の花まつり@南伊豆下賀茂温泉

銀の湯から上流は木も大きくなってきます。

 


<みなみの桜と菜の花まつり@南伊豆下賀茂温泉

S字構図。

 


<みなみの桜と菜の花まつり@南伊豆下賀茂温泉


<みなみの桜と菜の花まつり@南伊豆下賀茂温泉


<みなみの桜と菜の花まつり@南伊豆下賀茂温泉


<みなみの桜と菜の花まつり@南伊豆下賀茂温泉

快晴時にも来たいですね。

 


<みなみの桜と菜の花まつり@南伊豆下賀茂温泉

振り返ると湯けむり。

 


<みなみの桜と菜の花まつり@南伊豆下賀茂温泉

遊歩道に戻りました。

 


<みなみの桜と菜の花まつり@南伊豆下賀茂温泉

水仙も。

 


<みなみの桜と菜の花まつり@南伊豆下賀茂温泉

会場最上流の前原橋を渡り、対岸から下流へと戻ってゆきます。

 


<みなみの桜と菜の花まつり@南伊豆下賀茂温泉

川をきれいに!

 


<みなみの桜と菜の花まつり@南伊豆下賀茂温泉

加納の前原橋バス停。

 


<みなみの桜と菜の花まつり@南伊豆下賀茂温泉

山と湯けむり。

 


<みなみの桜と菜の花まつり@南伊豆下賀茂温泉

鳶と烏が仲いいのは珍しい気がします。

 


<みなみの桜と菜の花まつり@南伊豆下賀茂温泉

ほわほわ。

 


<みなみの桜と菜の花まつり@南伊豆下賀茂温泉

ここまで来るとすれ違う人もいなくなります。

 


<みなみの桜と菜の花まつり@南伊豆下賀茂温泉

ヒヨドリかな?

 


<みなみの桜と菜の花まつり@南伊豆下賀茂温泉

秀吉の前立みたいなこの金物好きなんです。

 


<みなみの桜と菜の花まつり@南伊豆下賀茂温泉

銀の湯会館の源泉塔。

 


<みなみの桜と菜の花まつり@南伊豆下賀茂温泉

ミネラルって感じですね。

 


<みなみの桜と菜の花まつり@南伊豆下賀茂温泉

レンタサイクルも2年ぐらい前から道の駅で借りられます。

 


<みなみの桜と菜の花まつり@南伊豆下賀茂温泉

送湯管。

 


<みなみの桜と菜の花まつり@南伊豆下賀茂温泉

銀の湯橋。

 


<みなみの桜と菜の花まつり@南伊豆下賀茂温泉

来の宮橋から下流方面。

 


<みなみの桜と菜の花まつり@南伊豆下賀茂温泉

奥に河内屋さんが見えます。

 


<みなみの桜と菜の花まつり@南伊豆下賀茂温泉

良いカーブ。

 


<みなみの桜と菜の花まつり@南伊豆下賀茂温泉

さらに下流に向かいます。

 


<みなみの桜と菜の花まつり@南伊豆下賀茂温泉

南伊豆ライオンズクラブ、村上国際会長就任記念植樹のトンネル。

 


<みなみの桜と菜の花まつり@南伊豆下賀茂温泉

シジュウカラがいました。

 


<みなみの桜と菜の花まつり@南伊豆下賀茂温泉

対岸の人力車さん。

 


<みなみの桜と菜の花まつり@南伊豆下賀茂温泉

風も弱まってきて、夜景に向けて良い水面になりつつあります。

 


<みなみの桜と菜の花まつり@南伊豆下賀茂温泉

黄昏。

 


<みなみの桜と菜の花まつり@南伊豆下賀茂温泉

対岸のほうがいいかな。

 


<みなみの桜と菜の花まつり@南伊豆下賀茂温泉

湯けむり橋の下から上流方面。

 


<みなみの桜と菜の花まつり@南伊豆下賀茂温泉

綺麗な錦鯉。

 


<みなみの桜と菜の花まつり@南伊豆下賀茂温泉

九条橋の下から対岸の河内屋さん。
夜桜ライトアップが始まります。

 


<みなみの桜と菜の花まつり@南伊豆下賀茂温泉

九条橋の上から。

 


<みなみの桜と菜の花まつり@南伊豆下賀茂温泉

日が暮れました。

 


<みなみの桜と菜の花まつり@南伊豆下賀茂温泉

ライトの力もあってより鮮やかに見えます。

 


<みなみの桜と菜の花まつり@南伊豆下賀茂温泉

ある意味夜が本番ですね。

 


<みなみの桜と菜の花まつり@南伊豆下賀茂温泉

昼間ロケハンしていた河川敷に降りてきました。

 


<みなみの桜と菜の花まつり@南伊豆下賀茂温泉

風がないので実に良い感じです。

 


<みなみの桜と菜の花まつり@南伊豆下賀茂温泉

20mmの広角にレンズチェンジ。

 


<みなみの桜と菜の花まつり@南伊豆下賀茂温泉

ヒリゾ浜2020シーズンカレンダー3月分です。

 


<みなみの桜と菜の花まつり@南伊豆下賀茂温泉

下流方面。

 


<みなみの桜と菜の花まつり@南伊豆下賀茂温泉

この20mmは40年落ちのMFレンズで、絞ったときの光芒が好きだったのですが。
しかしこの後、絞りが変更できなくなりおしゃかになりました…残念です。

 


<みなみの桜と菜の花まつり@南伊豆下賀茂温泉

夜桜は無風だと本当に助かります。

 


<みなみの桜と菜の花まつり@南伊豆下賀茂温泉

隙間がチャンス。

 


<みなみの桜と菜の花まつり@南伊豆下賀茂温泉

これをメインにします。

 


<みなみの桜と菜の花まつり@南伊豆下賀茂温泉

車が通過。

 


<みなみの桜と菜の花まつり@南伊豆下賀茂温泉

オリオン座と桜。

 


<みなみの桜と菜の花まつり@南伊豆下賀茂温泉

オリオン座と人工衛星

 


<みなみの桜と菜の花まつり@南伊豆下賀茂温泉

19:00、夜はまだこれからですが、電車の時間があるので撤収です。

来年はコロナも収まって、スカッとお花見したいですね。

 

この記事のFlickrアルバムはこちらです。
flickrアルバム:190224 KAWAZU-ZAKURA Cherry Blossoms Festival, MINAMI Cherry Blossoms & Field Mustards Festivai @ South IZU


南伊豆町「みなみの桜と菜の花まつり」会場のGoogleMapはこちらです。