The Esoteric Order of Damned Man Site-2

Hello Hello Hello Hello How low? @Kawasaki JAPAN Love sky, sea, alcohol, snorkeling. Pics taken by TORQUE G03, NIKON 1 J4 & D700, I'm DTP Designer

水中撮影:181006-08-03 秘密の丸根ヶ浜/式根島・伊豆諸島シュノーケリング行 の事

式根島の磯マップ>

みんカラでほそぼそとやっていたのですが、写真サイズ他の問題ではてなブログに移ってきてみました。よろしくお願いいたします。
The Esoteric Order of Damned Man Site | D3_plusのブログ一覧 | - みんカラ

 


2018/10/06-08
伊豆諸島の式根島シュノーケリング行の二日目のまとめです。

しばらく続いていた南西の強風が収まり、北東の風に変わりました。宿の方に教えていただいた三つの隠しポイントのうち、風裏となる島南東部にある「丸根ヶ浜」へ向かうことに。

同じく南東部にあるメジャーな石白川海水浴場の少し東側。道路沿いのガードレールからヤブをかき分けて崖の獣道と岩場を300mほど歩いてようやく辿り着きます。

沖にある大きめの岩礁「イケバ大根」と崖に挟まれた細長い水域で、干潮時は大きな潮だまり、満潮になると南北が外洋に繋がり潮通しの良い水道になります。そのため、穏やかかつ透明度良好という好ポイントで、小さなヒリゾ浜のような感じです。

潮だまり部分の水底は砂地がメインで、点在する岩礁と根の壁面にはびっしりとサンゴが群生しています。
外海に接する南側は、浅く広めの根になっていて、その先は一気に15mほど落ち込むドロップオフに。階段状にテーブルサンゴ(エダミドリイシ)が積み重なった様子は、まるで珊瑚礁のようです。

北東側の開口部は数mほどの狭い水道で、満潮になると隣の入江と繋がります。激流になるのでちょっと注意が必要です。その隣りの入江はダイナミックな岩礁地帯。サンゴはちょっと減りますが、透明度は抜群でした。

魚影も素晴らしく、サンゴ周りには死滅回遊魚、ドロップオフにはカンパチの群れ、ハマフエフキ、アオブダイなどの大物も集まっています。イッテンチョウチョウウオや大きめのカンムリベラ、ルリメイシガキスズメダイなど、伊豆では滅多にお目にかかれない魚種もいて、式根島の他のポイントと比べてもぐっと南方系の雰囲気があります。

地元の方はここで泳ぎを覚えるそうで、潮だまり部分は本当に穏やか。それでいてサンゴも魚もいっぱい。沖に出ればドロップオフまで。ちょっとアクセスが大変ですが、本当にオススメのポイントです。

GoogleMapはこんな感じです。
今回は行けなかった他の2つの隠しポイント、東の「江の扇」と北東の「吹ノ江」も載せてあります。
https://drive.google.com/open?id=1uomKasQ5xiHILV3EZoOXi51YlxS7kIiW&usp=sharing

島南部の石白川海岸から道を東へ。最初の大きなカーブの途中にある、ガードレールが途切れた場所から崖へ降ります。
まっすぐ海へ下る小さな舗装路も見えますが、そちらではなくガードレール沿いにすぐ北東(左)へ向かう獣道を進みます。ほんとにココ道なの?という感じです。
ヤブや蜘蛛の巣を払いながら100mほど進むと海岸に出ます。帰り道では大きな松の樹が獣道の目印になります。
岩場を北東(左)にさらに150m進むと、岩礁と崖に挟まれた丸根ヶ浜に到着です。

かなりの獣道なので、蜘蛛の巣を払う手頃な棒があったほうが良いです。ウェットスーツも先に着てしまったほうが安心かもしれません。


場 所:丸根ヶ浜・式根島
日 時:181007 11:00〜16:30
天 候:晴れ
気 温:24℃
水 温:24℃
波 高:無し
 風 :北西やや強
透明度:15〜50m
撮 影:水中:NIKON 1 J4 + 1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6 PD-ZOOM + WP-N3
       INON UCL-165M67
    陸上:NIKON D700


2018/10/06-08
伊豆諸島の式根島シュノーケリングと観光に行ってきました。
10/6の到着から帰りの船の出る10/8の午前中まで、式根島の海を堪能しました。

結論から言いますと、最高でした。
式根島シュノーケリング・アイランドと言って過言ではないと思います。


今回は10/5の夜に東京の竹芝桟橋から東海汽船の大型船で式根島へ。寝ている間に移動して翌朝到着するというシステムです。
早割やインターネット予約割引やなど割引サービスがいくつかあって、往復でだいたい1万円〜1万2千円です。

個人的には伊豆諸島といえば、ドルフィンスイムやスクーバダイビング。実際にこれまでに訪れた、利島や大島はダイナミックすぎて、ボートかタンクを背負わないとなぁという感じだったのですが。今回初めて式根島を訪れて、その印象がガラッと変わりました。

式根島の大きさは一周12km。リアス式の海岸線で穏やかな入江がたくさんあります。メジャーな海水浴場だけでも、中ノ浦、泊、大浦、石白川(いしじろがわ)の4つ。隠しビーチ的な穴場の入江も各所にあります。

海中は伊豆の海のゴージャス版といった感じで、黒潮の本流が当たる離島ならではの透明度、サンゴや魚種の豊富さはさすがです。上述の4つの海水浴場でも十分楽しめるのですが、地元の方に教えていただいた、ちょっと不便な場所にある隠しビーチは本当に素晴らしかったです。

潜るポイントは島の南北に分布しており、外洋への開口部も色々です。つまり、風向きや潮加減次第で、その日のベストなポイントが選べます。
島が小さいので移動するのも簡単です。とくにレンタルの電動自転車がオススメ。いちいち着替えず、ウェットスーツを着たまま各ポイントを巡るのは、想像以上に楽しいものでした。

風向きと波具合を見て、初日は島北西部にある中ノ浦海水浴場、北にある泊海水浴場。二日目は島南東部にある隠しポイントの丸根ヶ浜。三日目は島南東部にある石白川海岸とその沖にあるモウヤ岩礁を選びました。
各ポイント別に別記事でまとめますが、どこも本当に素晴らしかったです。
前回の記事はこちらです。

 


この記事のFlickrアルバムはこちらです。
181008 Snorkeling @ ISHIJIROGAWA Beach / SHIKINE-JIMA Island, TOKYO,
181007 Snorkeling @IKEBA-OONE, Beach MARUNE / SHIKINE-JIMA Island, TOKYO,
181006 Snorkeling @ Beach NAKANOURA, TOMARI / SHIKINE-JIMA Island, TOKYO,

みんカラのカテゴリー別リンクはこちらです。
ブログ:シュノーケリング@伊豆諸島・式根島

 

 

<@小の口公園>

朝の散歩。島南東部にあるザトウクジラのいる公園、小の口公園に来てみました。

 

<@小の口公園>

展望台から下を覗くと、左下に見える大きな岩礁が磯釣りの一級磯「イケバ大根」。
大根と小の口公園のある崖に挟まれた水域が、今日目指す「丸根ヶ浜」です。
上から見ても外海からの波が防がれている様子が見て取れます。

 

<@丸根ヶ浜>

ガードレールの隙間から、ヤブをかき分け崖を降り、岩場を数分歩いて到着。
正面に見えるのがイケバ大根。見るからに素晴らしい水質です。

 

<ミダレノウサンゴ@丸根ヶ浜>

エントリーの足元からこんな感じです。

 

<キビナゴ他@丸根ヶ浜>

水域の半分は砂地ですが、穏やかなので実に綺麗です。

 

<サラサハゼ@丸根ヶ浜>

1stマクロは地味に南方系のサラサハゼ。

 

<カンムリベラ他@丸根ヶ浜>

あ、第二形態のカンムリベラ。ygとはかなり趣が変わっています。

 

<カンムリベラ他@丸根ヶ浜>

上がカンムリyg、下はちょっと珍しいノドグロベラygです。

 

<キクメイシ他@丸根ヶ浜>

イケバ大根の壁面はサンゴがびっしり。

 

 

<イッテンチョウチョウウオ他@丸根ヶ浜>

良い景色です。

 

<イッテンチョウチョウウオ他@丸根ヶ浜>

伊豆では見かけないイッテンチョウチョウウオもいます。

 

<イッテンチョウチョウウオ他@丸根ヶ浜>

綺麗なレモンクリーム色。

 

<イッテンチョウチョウウオ他@丸根ヶ浜>

トゲチョウチョウウオygと一緒。

 

フウライチョウチョウウオyg他@丸根ヶ浜>

フウライyg。

 

<チョウハンyg他@丸根ヶ浜>

チョウハンもいます。

 

<エンタクミドリイシ他@丸根ヶ浜>

入り江南端の開口部手前はかなり浅瀬。
サンゴがサンゴ礁のように連なっていて、外洋の影響を防いでいます。

 

 

<エンタクミドリイシ他@丸根ヶ浜>

大きなエンタクミドリイシ

 

<ミダレカノコキクメイシ他@丸根ヶ浜>

紫色のキクメイシ!

 

<ミダレカノコキクメイシ他@丸根ヶ浜>

明るくて穏やかで最高です。

 

<エンタクミドリイシ他@丸根ヶ浜>

サンゴの間にいろんな生物が。

 

<エンタクミドリイシ他@丸根ヶ浜>

チョウチョウウオ系が多いのがいいですね。

 

トゲチョウチョウウオyg他@丸根ヶ浜>

トゲチョウとフウライ。

 

トゲチョウチョウウオyg他@丸根ヶ浜>

本来は不倶戴天のはずなのですが、仲良くサンゴのポリプをついばんでいます。

 

<アケボノチョウチョウウオyg他@丸根ヶ浜>

綺麗なアケボノyg。

 

<スミツキトノサマダイyg他@丸根ヶ浜>

スミツキygもいます。

 

<イシガキフグ@丸根ヶ浜>

イケバ大根のくぼみの暗がりで寝ていました。

 

<イシガキフグ@丸根ヶ浜>

なんて顔だ!

 

<イシガキフグ@丸根ヶ浜>

ご立腹です。

 

<サザナミヤッコyg@丸根ヶ浜>

同じくぼみの壁面に大きめのサザナミyg。

 

<ヒラムシ@丸根ヶ浜>

泳ぐウミウシの仲間(厳密にはかなり遠い)ヒラムシも。

 

モンツキハギyg他@丸根ヶ浜>

モンツキygもかなり大きめです。

 

モンツキハギyg他@丸根ヶ浜>

この黄色は目立ちます。

 

<ブダイ他@丸根ヶ浜>

笑うな!

 

シマハギ他@丸根ヶ浜>

浅瀬のサンゴ礁を抜けました。徐々に深くなってゆきます。

 

<カンムリベラ@丸根ヶ浜>

カンムリ氏。

 

<ツキチョウチョウウオ@丸根ヶ浜>

大人のツキチョウも出ました。
ナミチョウとの違いは、胴体の縦縞が斜めになっているとツキチョウです。

 

<エンタクミドリイシ他@丸根ヶ浜>

南側の外海との接続部はエンタクミドリイシ等のサンゴが連なるドロップオフになっています。

 

<エンタクミドリイシ他@丸根ヶ浜>

 

 

<エンタクミドリイシ他@丸根ヶ浜>

実にいい感じです。

 

<エンタクミドリイシ他@丸根ヶ浜>

横まで行ってみました。

 

<エンタクミドリイシ他@丸根ヶ浜>

いつものキンギョハナダイが別のサカナのようです。

 

<エンタクミドリイシ他@丸根ヶ浜>

あ、ツノダシ。
よく見ると巨大なハマフエフキの群れもいます。

 

<エンタクミドリイシ他@丸根ヶ浜>

奥に見える岩礁の向こうが外海です。

 

<エンタクミドリイシ他@丸根ヶ浜>

ダイナミック。

 

<カンパチ他@丸根ヶ浜>

突然カンパチの大群が現れました。

 

<カンパチ他@丸根ヶ浜>

しかもサイズが大きい!メータークラスも混じっています。

 

<カンパチ他@丸根ヶ浜>

こちらを横目で睨みながらまわりをグルグル…

 

<カンパチ他@丸根ヶ浜>

すごい景色です。

 

チョウチョウウオ他@丸根ヶ浜>

ドロップオフの水底付近にいると、今度はチョウチョウウオの群れに囲まれました。

 

チョウチョウウオ他@丸根ヶ浜>

イシガキダイ、オジサン、ゴマチョウチョウウオも混じっています。

 

チョウチョウウオ他@丸根ヶ浜>

思わず浮上するのを忘れます。

 

チョウチョウウオ他@丸根ヶ浜>

右奥にアオブダイもいますね。

 

<ゴマチョウチョウウオ他@丸根ヶ浜>

ゴマチョウも大人サイズです。

 

<ツノダシ他@丸根ヶ浜>

ツノダシも現れました。

 

<セダカギンポ@丸根ヶ浜>

なんかいる!

 

<セダカギンポ@丸根ヶ浜>

南方系のセダカギンポygです。

 

<セダカギンポ@丸根ヶ浜>

これ以上近づくとサンゴの間に潜ってしまいます。

 

<ニシキブダイyg@丸根ヶ浜>

第一形態はこんな感じでシックですが、第二形態は青いボディにエメラルドグリーンにオレンジラインの顔とヒレ、お腹からしっぽにかけてパープルのラインという、ザ・南方系の巨体になります。
ブダイ系はこのパターンが多いですね。

 

ノドグロベラyg@丸根ヶ浜>

ソラスズメダイと地味なアオブダイygの中に、ド派手なノドグロベラygがいます。

 

ノドグロベラyg@丸根ヶ浜>

こちらは第二形態はトーンがアンダーになるくらいでそんなに変わりません。当然南方系です。

 

<ハマフエフキ他@丸根ヶ浜>

一際巨大なハマフエフキがグイグイきます。ナミチョウはぶつかりますよ。

 

<イシガキフグ@丸根ヶ浜>

入り江の北側の狭い開口部を抜けて、隣の岩礁「ガンビー」のある水域に来てみました。

 

<イシガキフグ@丸根ヶ浜>

こちら側は水流がかなり激しいのですが、その分水質もとんでもないことになっていました。

 

<イシガキフグ@丸根ヶ浜>

寝ぼけているようです。レンズにぶつかりますよ。

 

<エンタクミドリイシ他@丸根ヶ浜>

透明度は今回最高の50m超え?すんごいです。

 

<ハマフエフキ@丸根ヶ浜>

奥の岩礁が恐らくガンビーです。
超ワイルドな雰囲気です。

 

<ヤリカタギ他@丸根ヶ浜>

マクロ系もいっぱいです。
ただ、満潮になるにつれて、イケバ大根側からの潮流が激速になってきたので、身の危険を感じて丸根ヶ浜の入り江内に戻ることにしました。
そこそこ鍛えている我々が逆らって泳げず、岩につかまって移動する必要があるほどです。
この潮流があるのであの水質になるのだなぁと変に感心しました。

 

<ツノダシ他@丸根ヶ浜>

入り江内は相変わらず穏やか。

 

<ツノダシ他@丸根ヶ浜>

ツノダシとチョウチョウウオが仲良く泳いでいます。

 

<キンギョハナダイ他@丸根ヶ浜>

北側のドロップオフに戻ってきました。
上げ潮で雰囲気が少し変わり、キンギョハナダイやソラスズメダイの群れが現れています。

 

<キンギョハナダイ他@丸根ヶ浜>

奥にオスが控えてます。

 

<キンギョハナダイ他@丸根ヶ浜>

棚の上にはメスがいます。

 

<キンギョハナダイ他@丸根ヶ浜>

いい感じ。

 

<キンギョハナダイ他@丸根ヶ浜>

ワイドで撮りたくなります。

 

<キンギョハナダイ他@丸根ヶ浜>

最高です。

 

<ミナミゴンベ@丸根ヶ浜>

シャイです。

 

オニカサゴ@丸根ヶ浜>

立派な鬼瘡魚。

 

<キビナゴ@丸根ヶ浜>

キビナゴの群れもずっと回遊中です。

 

<サザナミヤッコyg@丸根ヶ浜>

INONの水中フラッシュD2000をお借りしたので、サザナミygに再チャレンジ。
これは…いいものですね……

 

<アケボノチョウチョウウオyg@丸根ヶ浜>

NIKON 1 J4はフラッシュ同調シャッター速度が1/60と遅いので、必要ないかな…と思っていましたけど、暗がりならこれで十分ですね。

 

<カンムリベラyg@丸根ヶ浜>

リソースイーターなカンムリygもちゃんと止まります。

 

<ルリイシガキスズメダイyg@丸根ヶ浜>

初見のスズメダイygです。

 

<ルリイシガキスズメダイyg@丸根ヶ浜>

名前からして石垣。辞典では小笠原以南のド南方系です。めちゃくちゃキレイです。

 

<ツノダシ@丸根ヶ浜>

ツノ×4。

 

<オオカマス@丸根ヶ浜>

上げ潮に乗って外洋の大物も入り江に入ってきています。

 

アオブダイ@丸根ヶ浜>

大アオブーも。

 

<ハマフエフキ他@丸根ヶ浜>

すっかり馴染んだ巨大ハマ氏。

 

<ミナミゴンベ他@丸根ヶ浜>

そんなにシャイじゃない。

 

アオリイカ@丸根ヶ浜>

泡に紛れています。

 

アオリイカ@丸根ヶ浜>

浮遊物になりきっています。

 

アオリイカ@丸根ヶ浜>

輝いてますね。

 

<カンパチ@丸根ヶ浜>

先ほどの艦隊も入り江内に入ってきました。

 

<カンパチ@丸根ヶ浜>

左のめっちゃ睨んでくる個体は特に大きいです。

 

<カンパチ@丸根ヶ浜>

すごいです。

 

<カンパチ@丸根ヶ浜>

シムラー

 

<オキゴンベ@丸根ヶ浜>

完全に睨まれてます。

 

<オキゴンベ@丸根ヶ浜>

オキゴン氏がこんなに大きくなるとは!

 

<トゲダルマガレイ@丸根ヶ浜>

砂が動いた!

 

<トゲダルマガレイ@丸根ヶ浜>

目の上に棘があるので、トゲダルマ氏ですね。

 

トゲチョウチョウウオyg@丸根ヶ浜>

トゲ×3。

 

トゲチョウチョウウオyg@丸根ヶ浜>

爆発しろ!

 

トゲチョウチョウウオyg@丸根ヶ浜>

ヤリカタギygもいました。
と、ここで16:00。日も陰ってきたので終了しました。

いやー、今こうして見返しても、丸根ヶ浜のポテンシャルはとんでもないです!
実は令和元年一発目、5/2から式根島を再訪するのですが、ここはやはり外せないな!と再確認しています。

 

<@松が下雅湯>

そしてまたまた松が下雅湯に入って…

 

<@漁師宿 肥田文

今宵は島焼酎で反省会。サクッと就寝しました。


最終日10/8の石白川海水浴場、モウヤ岩礁シュノーケリングに続きます。


前回の記事はこちらです。


この記事のFlickrアルバムはこちらです。
181008 Snorkeling @ ISHIJIROGAWA Beach / SHIKINE-JIMA Island, TOKYO,
181007 Snorkeling @IKEBA-OONE, Beach MARUNE / SHIKINE-JIMA Island, TOKYO,
181006 Snorkeling @ Beach NAKANOURA, TOMARI / SHIKINE-JIMA Island, TOKYO,


みんカラのカテゴリー別リンクはこちらです。
ブログ:シュノーケリング@伊豆諸島・式根島<


丸根ヶ浜のGoogleMapはこちらです。