The Esoteric Order of Damned Man Site-2

Hello Hello Hello Hello How low? @Kawasaki JAPAN Love sky, sea, alcohol, snorkeling, Bird Watching. Pics taken by TORQUE 5G, CANON EOS M6 MarkII, NIKON 1 J4 & D700, I'm DTP Designer

20191019-23(21) 式根島・新島・伊豆諸島スキンダイビング行/三日目の丸根ヶ浜 の事

 


チョウチョウウオ他@丸根ヶ浜・式根島


2019/10/19-23
2018年10月、2019年5月に続き、伊豆諸島の式根島と新島へ行ってまいりました。

3日目10/21は式根島の丸根ヶ浜と中の浦海水浴場でスキンダイビングをしました。
まず午前中の丸根ヶ浜の様子をまとめます。

 

場 所:式根島・丸根ヶ浜
日 時:191021 08:00〜09:30
天 候:曇のち雨
気 温:20〜23℃
水 温:26℃
波 高:なし
 風 :東北東5.0〜6.9
透明度:20m以上
撮 影:水中:NIKON 1 J4 + 1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6 PD-ZOOM + WP-N3
       INON UCL-165M67
    陸上:NIKON D700


前回の記事はこちらです。

 


式根島地磯マップ>

 
今回は4泊4日(内船中1泊)の予定…が5泊5日になりました。

初日10/19は中の浦海水浴場でスキンダイビング
二日目10/20新島に渡り、島内サイクリングと本村前浜海岸でスキンダイビングをして式根島に帰島。
三日目10/21は丸根ヶ浜と中の浦海水浴場でスキンダイビング
四日目10/22は台風接近で船が欠航。延泊となり急遽島内ドライブへ。
五日目10/23は午前中だけ中の浦海水浴場でスキンダイビングをして撤収しました。

往復とも東海汽船の大型船。お宿は漁師民宿「きろく」さんです。
台風一過の最終日以外は小雨交じりの曇天で、お天気には少々恵まれませんでしたが、海中は相変わらず最高の式根島でした。


しかし、この年は台風が多く、特に10/12に日本を襲った台風19号は、激甚災害に指定され、令和元年東日本台風と呼ばれるほどの記録的台風となりました。
東日本全体が影響を受けましたが、進路にあたった式根島、新島の被害は甚大です。特に台風から派生した、複数の竜巻の被害が凄まじく、港の防波堤がすべてひっくり返ってしまったり、天然記念物に指定されている大木が折れたりと、思わず目を疑うほどの状況となっていました。


海中にも被害は及び、台風が直撃した島南東部の被害が大きかったです。
二日目に訪れた丸根ヶ浜では、棚田状に折り重なっていたエンタクミドリイシの大群生は8割ほど、浅瀬に点在していた群生も半分ほどが破壊されてしまいました。
キクメイシやハマサンゴなどのイシサンゴは形状的に強いのか、岩礁そのものが崩れた場所以外は健在でした。

 

ちなみに式根島では、台風19号の被害は島南部に集中しています。島中央の市街地や北部の各海水浴場には被害はほとんど出ていません。
離島ということで、本来は台風への備えは万全です。実はこの旅行中にも台風が接近し、帰宅予定の10/22は東海汽船が欠航、延泊となりました。その翌日にも中の浦で潜ったのですが、海中は台風の影響を全く感じさせない素晴らしいものでした。
台風19号で被害が拡大してしまったのは、同時発生した竜巻の影響大かな、と愚考します。

 

式根島全体についての雑感を再掲しておきます。

2018/10/06-08

伊豆諸島の式根島シュノーケリングと観光に行ってきました。

結論から言いますと、最高でした!式根島シュノーケリング・アイランドと言って過言ではないと思います。
今回は10/5の夜に東京の竹芝桟橋から東海汽船の大型船で式根島へ。寝ている間に移動して翌朝到着するというシステムです。早割やインターネット予約割引やなど割引サービスがいくつかあって、往復でだいたい1万円〜1万2千円です。

個人的には伊豆諸島といえば、ドルフィンスイムやスクーバダイビング。実際にこれまでに訪れた、利島や大島はダイナミックすぎて、ボートかタンクを背負わないとなぁという感じだったのですが。今回初めて式根島を訪れて、その印象がガラッと変わりました。

式根島の大きさは一周12km。リアス式の海岸線で穏やかな入江がたくさんあります。メジャーな海水浴場だけでも、中ノ浦、泊、大浦、石白川(いしじろがわ)の4つ。隠しビーチ的な穴場の入江も各所にあります。
海中は伊豆の海のゴージャス版といった感じで、黒潮の本流が当たる離島ならではの透明度、サンゴや魚種の豊富さはさすがです。上述の4つの海水浴場でも十分楽しめるのですが、地元の方に教えていただいた、ちょっと不便な場所にある隠しビーチは本当に素晴らしかったです。

潜るポイントは島の南北に分布しており、外洋への開口部も色々です。つまり、風向きや潮加減次第で、その日のベストなポイントが選べます。

島が小さいので移動するのも簡単です。とくにレンタルの電動自転車がオススメ。いちいち着替えず、ウェットスーツを着たまま各ポイントを巡るのは、想像以上に楽しいものでした。

風向きと波具合を見て、初日は島北西部にある中ノ浦海水浴場、北にある泊海水浴場。二日目は島南東部にある隠しポイントの丸根ヶ浜。三日目は島南東部にある石白川海岸とその沖にあるモウヤ岩礁を選びました。
各ポイント別に別記事でまとめますが、どこも本当に素晴らしかったです。

ちなみに、私の本業は印刷物のデザインなのですが、社で手がけている商工会議所の月報誌に簡単な旅行記事の寄稿もしています。
去年の11月号で今回の式根島について扱いましたので、シュノーケリング行に入る前にこちらも掲載しておきます。ご参考ください。

以下テキスト抜粋です

--
東京都の楽園 海と温泉と人情の式根島
東京都新島村 式根島

真っ青な海と空。白く輝くビーチにはまばらな人影。透明度が高いので、水底の様子が手に取るようにわかります。まるで南国のような景色ですが、式根島は行政区的には東京都!都内から直線距離で約160㎞、高速ジェット船なら約2時間。日帰りでも行ける身近な楽園なのです。

今回のぶらり旅は、伊豆諸島の式根島を訪れました。式根島は新島と神津島にはさまれた、直径約12kmの小さな島です。美しく穏やかな海岸と、無料で入れる露天風呂、独特の島グルメなどが大きな魅力となっています。今なら、東京都が補助する「しまぽ通貨」を利用して、お得に旅することができます。※

島内には、水着で入る海際の野天風呂が3か所。「地鉈温泉」、「足付温泉」は、岩場に源泉が直接湧く野湯。どちらも潮の干満で海水と混じり、適温となった潮溜まりを探す必要がある、大変ワイルドな温泉です。中でも地鉈温泉は「内科の湯」と呼ばれ、全国露天風呂番付で東の張出横綱に番付される、知る人ぞ知る名湯。足付港近くの「松が下雅湯」にも引かれており、気軽に楽しむこともできます。

島の周囲はリアス式の入り組んだ海岸線が続きます。穏やかな入り江は海水浴場としても好適。泊、石白川、大浦、中の浦の4か所が開放されています。美しい砂浜と澄んだ岩礁、高い透明度が自慢です。筆者は地元の方に教えていただいた、秘密の入り江でシュノーケリングを行いました。ごく浅瀬から、見事なサンゴの群生とカラフルな熱帯魚の群れが…素晴らしい光景でした。11月でも水温は20度以上。ウェットスーツをレンタルすれば、ダイビングなどでもまだまだ十分楽しめます。

小さな島は、レンタルの電動アシスト付自転車で回るのにぴったり。点在する商店で、島素材満載の「島のり弁当」や「たたき丸」(地魚のすり身を巻いたおにぎり)、「明日葉あげパン」を買って、ぐるりとサイクリング。新東京百景にも選ばれた神引展望台の絶景を見ながら、ランチタイムはいかがでしょう。

●アクセス 竹芝桟橋東海汽船・大型船(前日22:00発)→式根島(9:05着)又は竹芝桟橋東海汽船・ジェット船(当日7:35発)→式根島(11:05着)
●キャプション ①:泊海水浴場 ②:松が下雅湯 ③:丸根ヶ浜のサンゴ礁式根島観光協会:☎04992-7-0170) ④:島のり弁、たたき丸(あしたば)(ファミリーストアみやとら:☎04992-7-0304)、あげぱん(明日葉)(池村商店:☎04992-7-0016) 文末:「くさや」にも挑戦! ◦げんべいレンタルサイクル:☎090-4533-3437 ◦湯ったり宿・肥田文:☎04992-7-0072 ◦東海汽船:☎03-5472-99999 
※しまぽ通貨は現在は停止中。2019年夏より再開予定です。船便等についてはHPをご確認下さい
--


この記事のFlickrアルバム他はこちらです。
191019-23(19) Snorkeling @ NAKANOURA Beach / SHIKINEJIMA Island
191019-23(20) Snorkeling @ MAEHAMA Beach / NIIJIMA Island
191019-23(21) Snorkeling @ MARUNEGAHAMA Beach / SHIKINEJIMA Island
191019-23(21) Snorkeling @ NAKANOURA Beach / SHIKINEJIMA Island
191019-23(22) Typhoon hitting @ SHIKINEJIMA Island
191019-23(23) Snorkeling @ NAKANOURA Beach / SHIKINEJIMA Island
d3_plusのYouTube

みんカラのカテゴリー別リンクはこちらです。
ブログ:シュノーケリング@伊豆諸島・式根島


 


<ドロップオフのクリーニングステーション-1@丸根ヶ浜・式根島

丸根外縁のドロップオフにて。
目立つ白い岩の上に座っていると、ツノダシやチョウチョウウオ、サザナミヤッコなどがどんどん集まってきます。
ウミガメなどのクリーニングステーションなんじゃないかな?と勝手に妄想しています。

 


<ドロップオフのクリーニングステーション-2@丸根ヶ浜・式根島

こちらはワイコン装着バージョンです。
画角が0.6倍になって、35mm換算で27mm×水中の屈折率1.33倍×ワイコン0.6倍の21.5mm相当になります。

 


<ハマフエフキ他@丸根ヶ浜・式根島

今日は島南東部、石白川海水浴場の北東にある、丸根ヶ浜に来てみました。
ぐんじ山展望台のある崖と小島「大根」に挟まれた細長い水域です。
外海から守られつつも、潮流がちゃんと通っている。
水質がよく、入り江内は穏やか。小さなヒリゾ浜と言った感じです。

 


<オキゴンベ他@丸根ヶ浜・式根島

丸根の主、オキゴンベ。

 


<オキゴンベ他@丸根ヶ浜・式根島

エントリーしてすぐ左手あたり、ここ数年ずっと同じサンゴについています。

 


<ワカウツボ@丸根ヶ浜・式根島

きれいなワカウツボ

 


<ハリセンボン@丸根ヶ浜・式根島

目が合いました。

 


<ハリセンボン@丸根ヶ浜・式根島

何者?

 


<ハリセンボン@丸根ヶ浜・式根島

愉快なシルエット。

 


<ハリセンボン@丸根ヶ浜・式根島

下から見たい派です。

 


<ハリセンボン@丸根ヶ浜・式根島

イケメンですね。

 


<イシガキフグ@丸根ヶ浜・式根島

大根の凹みにいつもいるイシガキフグ。

 


<イシガキフグ@丸根ヶ浜・式根島

バスケットボールぐらいあります。

 


<イシガキフグ@丸根ヶ浜・式根島

やはり下から。

 


<イシガキフグ@丸根ヶ浜・式根島

白ブイ。

 


アオリイカ@丸根ヶ浜・式根島

アオリイカも下から。

 


アオリイカ@丸根ヶ浜・式根島

横から。

 


<サザナミヤッコyg他@丸根ヶ浜・式根島

大根のくぼみにはサザナミヤッコもずっといます。

 


<サザナミヤッコyg他@丸根ヶ浜・式根島

チョウチョウウオとアカハタに邪魔されました。

 


<エンタクミドリイシ他@丸根ヶ浜・式根島

入り江の出口付近の大きな根。奥にダイバーさんが写っています。
水底から水面までびっしりとサンゴ(エンタクミドリイシ)が群生していたのですが、10/12の台風で根こそぎひっくり返ってしまいました。

 


<エンタクミドリイシ他@丸根ヶ浜・式根島

こちらは同じポイントの台風前(2019/5/4)の写真です。

 


<エンタクミドリイシ他@丸根ヶ浜・式根島

平らな部分は全部サンゴでした。

 


<エンタクミドリイシ他@丸根ヶ浜・式根島

同じく台風前。

 


<ハマフエフキ他@丸根ヶ浜・式根島

入り江の外側は一気に10m以上落ち込むドロップオフになっています。

 


チョウチョウウオ他@丸根ヶ浜・式根島

ドロップオフの底はチョウチョウウオなどが集まってくるクリーニングステーションぽい雰囲気があります。

 


<ツノダシ他@丸根ヶ浜・式根島

ツノダシ、オジサン(ホウライヒメジ)などもいます。

 


<ツノダシ他@丸根ヶ浜・式根島

大きめのサザナミヤッコの幼魚も来ました。

 


<@丸根ヶ浜・式根島

上を見るとこんな感じです。

 


チョウチョウウオ他@丸根ヶ浜・式根島

チョウチョウウオ、ツノダシ、サザナミヤッコ、アカハタ、ニザダイタカノハダイ、ホウライヒメジ、ハマフエフキ、イシガキダイなど。
水底の目立つ岩の上に座っていると魚が集まって周りを回り始めます。

 


チョウチョウウオ他@丸根ヶ浜・式根島

カメなど大きな生き物をクリーニングするんだと思います。

 


チョウチョウウオ他@丸根ヶ浜・式根島

上の方に動画も貼ってあります。

 


クマノミ他@丸根ヶ浜・式根島

ドロップオフのさらに外側の壁面に、クマノミのいるイソギンチャク畑が二箇所ほど見つかりました。

 


クマノミ他@丸根ヶ浜・式根島

左上にミツボシクロスズメダイ、右にミナミゴンベも見えています。

 


チョウチョウウオ他@丸根ヶ浜・式根島

空飛ぶチョウチョウウオ

 


<ツノダシ他@丸根ヶ浜・式根島

外海は少し荒れていたので、穏やかな時にもうちょっと外まで出てみたいです。

 


<エンタクミドリイシ他@丸根ヶ浜・式根島

一番大きくてきれいだったサンゴの痕。

 


<エンタクミドリイシ他@丸根ヶ浜・式根島

2mを超える立派なエンタクミドリイシだったのですが。

 


<エンタクミドリイシ他@丸根ヶ浜・式根島

台風前です。

 


<エンタクミドリイシ他@丸根ヶ浜・式根島

入り江の内側は比較的被害が少なかったです。

 


<エンタクミドリイシ他@丸根ヶ浜・式根島

頑張ったエンタクミドリイシ

 


<エンタクミドリイシ他@丸根ヶ浜・式根島

ハマサンゴやキクメイシ系のイシサンゴは台風に強いようです。

 


<ヤリカタギ他@丸根ヶ浜・式根島

ヤリカタギ他、南方系の魚は台風前よりちょっと減っていました。

 


ウミスズメ他@丸根ヶ浜・式根島

こっちを見ているウミスズメ

 


<ハマフエフキ@丸根ヶ浜・式根島

ドロップオフから浅瀬までついてきた大きなハマフエフキ。

 


クロユリハゼ他@丸根ヶ浜・式根島

クロユリハゼの群れ。

 


クロユリハゼ@丸根ヶ浜・式根島

こっち見んな!

 


<ワカウツボ@丸根ヶ浜・式根島

エントリー近くに戻ってきました。

 


<ヤリカタギ@丸根ヶ浜・式根島

こっち見んな!

 


<エンタクミドリイシ@丸根ヶ浜・式根島

エントリーのすぐ足元にあったきれいなエンタクミドリイシが根本から折れてしまっています。

 


<エンタクミドリイシ@丸根ヶ浜・式根島

ひっくり返してみました。
50kgぐらいあるでしょうか。一瞬持って帰りたくなりましたが、水中ならなんとか持ち上がりますが陸まで運ぶのはちょっと難しかったです。

 


<エンタクミドリイシ他@丸根ヶ浜・式根島

こちらは台風前の元気な姿です。

 


<オキゴンベ@丸根ヶ浜・式根島

丸根の主にお別れして、島北西部にある中の浦へ移動します。


前回の記事はこちらです。


この記事のFlickrアルバム他はこちらです。
191019-23(19) Snorkeling @ NAKANOURA Beach / SHIKINEJIMA Island
191019-23(20) Snorkeling @ MAEHAMA Beach / NIIJIMA Island
191019-23(21) Snorkeling @ MARUNEGAHAMA Beach / SHIKINEJIMA Island
191019-23(21) Snorkeling @ NAKANOURA Beach / SHIKINEJIMA Island
191019-23(22) Typhoon hitting @ SHIKINEJIMA Island
191019-23(23) Snorkeling @ NAKANOURA Beach / SHIKINEJIMA Island
d3_plusのYouTube

みんカラのカテゴリー別リンクはこちらです。
ブログ:シュノーケリング@伊豆諸島・式根島


丸根ヶ浜、ガンビー、ボンボンのGoogleMapはこちらです。