The Esoteric Order of Damned Man Site-2

Hello Hello Hello Hello How low? @Kawasaki JAPAN Love sky, sea, alcohol, snorkeling, Bird Watching. Pics taken by TORQUE 5G, CANON EOS M6 MarkII, NIKON 1 J4 & D700, I'm DTP Designer

20210426-29(26-27) 阿嘉島・沖縄慶良間諸島スキンダイビングツアー行/世界が恋する… の事


<クイーンざまみ3@阿嘉港>

2021年4月26日〜29日
沖縄県の慶良間(けらま)諸島、阿嘉島(あかじま)へ、スキンダイビングをしに行ってきました。
前泊の那覇の夜と初日の阿嘉島の様子等をアップします。海中の様子は次回からになります。

 


慶良間諸島国立公園・阿嘉島マップ>

阿嘉島慶良間諸島の最も西にある有人島です。面積は3.8平方km、人口は260人ちょっと。
集落は、島南岸にある阿嘉港を中心に160世帯ほどで、徒歩で回れる大きさです。
渡嘉敷島(とかしきじま)、座間味島(ざまみじま)等、慶良間諸島の主要な有人島の中では一番こじんまりとした島です。
阿嘉島のすぐ南にある慶留間島(げるまじま)、外地島(ふかじじま)までは、港近くの阿嘉大橋でつながっています。

島には2016年にトリップアドバイザーの世界のベストビーチ9位に選ばれた北浜(にしばま)ビーチ、港のすぐ隣の阿嘉ビーチ(真謝浜(まじゃのはま))、集落に面した前浜(めーぬはま)ビーチ、集落の西の外れのヒズシビーチ、山を越えて島の北端にあるクシバル(後原)ビーチなど、多くのビーチがあります。
主要ビーチは集落の近くにあるので、レンタルサイクルがあれば十分行き来できます。
ただ、島の中央部は海抜158.3mの大岳(おおたけ)などが連なる、ちょっとした山岳地帯になっています。山を越えて島全体を見て回るにはレンタカーやバイクの方が無難です。

慶良間諸島スキンダイビングといえば、座間味島から渡る離島渡し(嘉比島(がひじま)、安慶名敷島(あげなしくじま)、安室島(あむろじま))などが有名です。
阿嘉島は上述の地続きのビーチが充実しているため、島渡しを利用しなくても十分楽しめます。
もちろん、阿嘉島からもそれら離島へ行けますし、ボートスキンなども利用できます。
我々も二日目にはサンゴの大群生ポイントへボートで連れて行ってもらいました。これはもうびっくりするほど素晴らしかったです。


実際の行程は、
26日の夜便で羽田から那覇へ。泊港近くのホテル(一泊750円!)で前泊。

27日朝、高速船クイーンざまみ3号で阿嘉島へ。お天気は晴れ。南東の風少々。
お昼過ぎから宿のLagoon315さんのビーチスキンツアーで、島北端のクシバルビーチへ。大潮の干潮で出来た巨大なイノー(礁池:サンゴ礁に囲まれた潮溜まり)がメインです。イノーと言っても、水深10m超える場所もあり、穏やかながらも魚影も濃く楽しめました。
帰りがけには、島中央部の中岳(なかだけ)展望台などによりました。
夕方からは、自転車で港の東隣の阿嘉ビーチ(真謝浜)へ。日没まで1時間ちょっと潜りました。アオウミガメと泳げるビーチです。

28日は快晴。風も弱まり最高のコンディションです。
早起きして、島南西にある天城(あまぐすく)展望台へ。ピンクムーンと呼ばれる4月の満月が西の海へ沈むのを見送って、そのまま日の出を見ました。
朝食後はLagoon315さんのボートで、阿嘉島南の外地島へ。とっておきのサンゴ礁ポイントです。
同行した、宮古島から来られていたシュノーケラーさんが「ここが沖縄で一番。つまり世界一かも…」と言われるほどの素晴らしさでした。大きなネムリブカやガーラ(GT、ロウニンアジ)、エラブウミヘビなどと、しばらく一緒に泳げました。
午後からは自転車で再び阿嘉ビーチへ。魚影濃厚。この日もアオウミガメ、タイマイなどと一緒に泳げました。
夕方は港や前浜でケラマジカなどを撮影。夜は集落にある古民家バー・ヨナミネさんへ。貸切状態で超本格的なカクテルなどを堪能しました。おすすめです。

最終日の29日は雨のち曇り。北西の風も強く若干寒さを感じます。でもせっかくなので朝から海へ。
8時過ぎから、自転車で島西部の北浜ビーチへ。遊泳範囲内はサンゴが少なく若干寂しい印象でした。
ツアーでしか行けない遊泳範囲外は、白砂とサンゴ礁に群れる魚群の、THE慶良間というポイントではあります。次回はリベンジしたいです。
すぐに阿嘉ビーチへ移動して、最後のスキンダイビング。雨が強まる瞬間も有りましたが、カメ、ウミヘビなどと楽しく泳げました。
午後は、一年で一番の干潮で賑わう前浜の潮干狩りを見たり、中岳展望台まで徒歩でいってみたり。17時過ぎの帰りの船の時間まで阿嘉島を堪能。夜の飛行機で羽田に帰ってきました。

「世界が恋するケラマブルー」というキャッチコピーがありますが、まさに一瞬で魅了される阿嘉島の海でした。
海の最高さはもちろん、のんびりした阿嘉島の風情もまた最高。伊豆諸島で言えば、式根島のサイズ感と雰囲気に近いでしょうか。個人的にもベストな感覚です。
チャンスが有ればすぐにでも再訪したいです。

この記事のFlickrアルバム他はこちらです。
20210426-29(26-27) Skindiving Tour @ AKA Island / KERAMA Islands, OKINAWA
20210426-29(28) Skindiving Tour @ AKA Island / KERAMA Islands, OKINAWA
20210426-29(29) Skindiving Tour @ AKA Island / KERAMA Islands, OKINAWA
d3_plusのYouTube

 


JAL機内@横浜上空>

最終のJAL那覇行で出発。
街の灯りがとても綺麗ね横浜。

 


那覇空港駅那覇

羽田那覇間は1550km、2時間半。あっという間に到着です。
と申しますか、ゆいレールSuica使えるんですね。

 


<ホテル ロハスヴィラ@那覇

前泊は国際通りのホテル ロハスヴィラさん。
なんと一泊750円。全然綺麗で素敵で、安すぎて逆に申し訳ないくらいです。

 


<ホテル ロハスヴィラ@国際通り

住込みOK!! KOREDA!!

 


<平和通り商店街@那覇

もう24時近くですが、お腹がへったので街に出てみます。

 


<平和通り商店街@那覇

南国ですね。

 


<平和通り商店街@那覇

素敵な一角。

 


<平和通り商店街@那覇

Zoom遊び。

 


<平和通り商店街@那覇

平時は不夜城那覇ですが、流石にひっそりとしています。

 


<平和通り商店街@那覇

八重山そば食べたかった…

 


<平和通り商店街@那覇

その分、グラフティはよく見えます。

 


<平和通り商店街@那覇

アメリカンですね。

 


<平和通り商店街@那覇

シーシャ(水タバコ)は合法です。

 


<平和通り商店街@那覇

浜下りについて。

 


<平和通り商店街@那覇

工事中。

 


<平和通り商店街@那覇

素敵なテーブル。

 


<平和通り商店街@那覇

昼にも再来せねばなりません。

 


<平和通り商店街@那覇

路地を一歩入ると、すぐ雰囲気が出ます。

 


<平和通り商店街@那覇

立派なガジュマルです。

 


<平和通り商店街@那覇

スパイダーマン!?

 


<平和通り商店街@那覇

良い路地。

 


<平和通り商店街@那覇

24時をまわり、深夜ならぬ早朝営業の、のれん街を見つけました。

 


<平和通り商店街@那覇

饒舌な天井。

 


<平和通り商店街@那覇

沖縄SOUL FOODじゃむさんにお邪魔することに。

 


<平和通り商店街@那覇

魅惑の泡盛ラインナップ。

 


<平和通り商店街@那覇

美味しいところをいろいろいただきました。
深夜に相当いっても、翌日残らないのが泡盛の良いところですね。

 


<平和通り商店街@那覇

ドンキさんでお買い物して、那覇前乗りナイト終了です。

 


<ホテル ロハスヴィラ@那覇

翌朝のホテルのベランダより。
素敵な共同の流しがあります。

 


<ホテル ロハスヴィラ@那覇

お世話になったお部屋。
これで一泊750円とは、重ねて信じられません。

 


<ホテル ロハスヴィラ@那覇

ペッパーくんにもお世話になりました。

 


泊港那覇

タクシーでフェリーの出る泊港へ。
慶良間諸島の看板にテンションが上ります。

 


泊港那覇

慶良間行は、泊ふ頭北岸先客待合所です。

 


泊港那覇

ドラゴン。

 


泊港那覇

港にある、わかさ弁当さんで朝ごはんを。
これが噂のうちなー弁当。このボリュームで全品300円!信じられません。

 


泊港那覇

昨晩麺切れで食せなかった、念願の沖縄そばを。
超本格派でボリュームも満点。こちらも当然300円!
よもぎがいい味出してます。

 


泊港那覇

弁当屋さん近くのウランダー墓(外人墓地)の垣根をお借りして食しました。

 


泊港那覇

ペリー提督上陸記念碑もあります。

 


泊港那覇

ハイビスカスもいっぱい。

 


泊港那覇

南国気分。

 


泊港那覇

晴れてきました。

 


泊港那覇

準備中の阿嘉島行・高速船クイーンざまみ3号。

 


泊港那覇

渡嘉敷行のマリンライナーとかしきが先発します。

 


泊港那覇

AM9時出港です。

 


泊港那覇

振り返る那覇の街並み。

 


泊港那覇

泊大橋をくぐって行きます。

 


<クイーンざまみ3@那覇

那覇空港前を通過してさらに西進。

 


<クイーンざまみ3@那覇

頼もしい巡視艇。

 


<クイーンざまみ3@那覇

約30km西方に渡嘉敷島(とかしきじま)が見えています。

 


<クイーンざまみ3@那覇

タッチダウン

 


<クイーンざまみ3@那覇

ナガンヌ島とクエフ島の南を通過。

 


<クイーンざまみ3@那覇

こちらにも行ってみたいですね。

 


<クイーンざまみ3@慶良間>

渡嘉敷島の南を迂回して、30分ちょっとで慶良間諸島に入ってきました。
見えているのは阿嘉島(あかじま)の南の外地島(ふかじじま)です。

 


<クイーンざまみ3@慶良間>

左に見切れている外地島、左音慶留間島(げるまじま)と阿嘉大橋でつながる阿嘉島(あかじま)の全貌が。
長いビーチは北浜(にしばま)ビーチです。

 


<クイーンざまみ3@慶良間>

南を振り返ると、東に安室島。奥に渡嘉敷島

 


<クイーンざまみ3@慶良間>

座間味島に近づき、安慶名敷島(あげなしくじま)前を通過。

 


<クイーンざまみ3@慶良間>

右奥は嘉比島(がひじま)。
このあたりは海の色がエグいです。

 


<クイーンざまみ3@座間味港>

座間味島に到着。
ザトウの像が出迎えてくれます。

 


<クイーンざまみ3@座間味港>

座間味港より。
左にちらりと安慶名敷島、右に嘉比島、奥に見えるのが阿嘉島です。

 


<クイーンざまみ3@阿嘉島

座間味港を出て、阿嘉島へ。
阿嘉港までは4.5kmほど。約15分で着きます。

 


<クイーンざまみ3@阿嘉島

港の東隣の阿嘉ビーチ(別名:真謝浜(まじゃのはま))を通過。
水質と水底の白砂のお陰でとんでもない色になっています。

 


<クイーンざまみ3@阿嘉港>

港内に入りました。
こちらも阿嘉ブルーです。

 


<クイーンざまみ3@阿嘉港>

阿嘉大橋慶留間島
慶留間島沖縄戦で米軍が最初に上陸した島です。

 


<クイーンざまみ3@阿嘉港>

現在はひたすら映えるのみです…

 


<クイーンざまみ3@阿嘉港>

阿嘉港接岸。
那覇泊港から1時間15分ほどでした。

 


<@阿嘉港>

阿嘉島に無事上陸。
マンタが出迎えてくれました。

 


<@阿嘉港>

クイーンざまみが那覇へ帰ってゆきます。
ご安全に!

 


<@阿嘉港>

1988年の映画「マリリンに逢いたい」のシロがいたのがこの阿嘉島
対岸の座間味島のマリリンに会うため、自力で泳いで通っていたというお話しです。

 


<@阿嘉港>

「ヘッドライトのわくのとれかたがいかしてる車」たち。
個人的にこういうのも好きです。

 


<@阿嘉島

神聖な御嶽(うたき)。
港から宿までちょこっと歩きます。

 


<@阿嘉島

素敵な路地。
後述するケラマジカ(阿嘉シカ)の食害を避けるため、阿嘉島の街の区画のほとんどが塀で囲われています。
古いお家ではサンゴの欠片を利用していたり、独特の風情があります。

 


<@阿嘉島

台風対策の漆喰屋根。

 


<@阿嘉島

幼稚園、小学校、中学校が合同の阿嘉幼小中学校。

 


<Lagoon315@阿嘉島

今回のお宿、Lagoon315(ラグーン315)さんに到着しました。
可愛い看板です。

 


<Lagoon315@阿嘉島

中庭もとても素敵です。
ということで、荷物をおいてぱぱっと準備して、クシバルビーチへ向かいます。


次回は初日4/27のクシバルビーチと阿嘉ビーチのスキンダイビングに続きます。



この記事のFlickrアルバム他はこちらです。
20210426-29(26-27) Skindiving Tour @ AKA Island / KERAMA Islands, OKINAWA
20210426-29(28) Skindiving Tour @ AKA Island / KERAMA Islands, OKINAWA
20210426-29(29) Skindiving Tour @ AKA Island / KERAMA Islands, OKINAWA
d3_plusのYouTube


阿嘉島のGoogleMapはこちらです。