The Esoteric Order of Damned Man Site-2

Hello Hello Hello Hello How low? @Kawasaki JAPAN Love sky, sea, alcohol, snorkeling. Pics taken by TORQUE G03, NIKON 1 J4 & D700, I'm DTP Designer

水中撮影:180714-15-1 真☆最高宣言/ヒリゾ浜・南伊豆中木シュノーケリング行 第2次通算3日 の事

ヒリゾ浜MAP/南伊豆>

みんカラでほそぼそとやっていたのですが、写真サイズ他の問題ではてなブログに移ってきてみました。
とりあえず、2018シーズンのヒリゾ浜のまとめを再掲しています。
The Esoteric Order of Damned Man Site | D3_plusのブログ一覧 | - みんカラ

 


2018/07/14-15
静岡県伊豆半島の南伊豆にあるヒリゾ浜に行ってまいりました。
シーズン第2次、通算3日目です。

今回は独行&海の日の三連休ということで、公共交通機関でアクセスしました。
東京・横浜からですと、JRの南伊豆フリー乗車券を利用して、6,000円前後でJRと伊豆急東海バスが乗り放題になります。1〜2名でしたら車で行くよりお得になると思われます。駐車場問題がクリアされるのも良いですね。(連休はAM7時に満車になったそうです…)

下田駅から中木行の直通バスは、7/28〜8/26の夏季限定で「3番乗り場下賀茂方面、中木直通、下田駅8:15発→中木9:01着」
それ以外の時期は「4番乗り場石廊崎方面、石廊崎港口経由ほぼ中木直通、下田駅9:00発→中木9:51着」「4番乗り場石廊崎方面、石廊崎港口経由直通、下田駅10:00発→中木口10:49着→徒歩」です。
https://www.jreast.co.jp/tickets/info.aspx?GoodsCd=2216

海況の方は両日ともまたまた最高宣言(透明度15m以上)が出ました。特に15日(日)は、朝イチのエントリーに顔をつけた瞬間に「ああ水がない…」という真☆最高宣言。透明度20mを遥かに突破する素晴らしい海でした。
黒潮大蛇行の影響で、沖縄からスタートした本流が、本州を大きく迂回。南伊豆にダイレクトに支流が直撃する状況です。水温にいたっては、沖縄よりも高い日本で一番の28度超えの瞬間もありました。

ただ、西日本豪雨の影響か、15日のお昼すぎから白濁りが入り始め、午後の満潮の潮止まりになると、プランクトンが増殖して赤潮のような状況になりました。台風10号のうねりも合わせて、現在までこの影響は続いているようです。
魚影も魚種も引き続き7月としては異常なほどでした。クマノミは更に増えて最低9尾、ミツボシクロスズメダイは3尾に。

そして、週中からちょくちょく目撃情報のあったウミガメにも無事遭遇できました。7/15の朝イチ、沖ハヤマの大根島側の斜面で小さめのアオウミガメに遭遇。まだ寝ぼけていたのか、こちらが水面でじっとしていたら、すぐ真下を通過してくれました。その後数分一緒に泳ぐことができて…うれしくて鼻血が出ていたと思います。
なお、7/21には両ハヤマ間で二頭同時に見られたそうです。今年は大中小の最低三頭はいますので、朝イチの赤ブイ〜沖ハヤマあたりは狙い目です。

カメの次はサメということで、前回ネコザメが見られた穴(沖ハヤマの外側水深13m)では、大きなオオセが見られました。しかもお腹がパンパンです。7〜8月はオオセの出産時期(卵胎生で赤ちゃんを生みます)ですので、そろそろ「ちびオオセ」が見られるのかもしれません…(また鼻血が
大きなイズヒメエイが砂地でバタバタ餌を探していて、ソラスズメダイやベラが大喜びしているシーンも。

沖ハヤマの魚群も恐ろしいほどで、ソラスズメダイ、キンギョハナダイ、スズメダイメジナニザダイ等のレギュラー組。イワシ、タカベの群れ、それらを狙うカンパチの群れも見られました。カンパチは写真で確認しても50尾以上。大きなヒレナガカンパチも混じっています。ブリ系の青物の皆さんはめっちゃ睨んでくるのでちょっと怖いです。

その他、沖ハヤマにちょっと珍しいフエダイの群れ、小通りに綺麗なシマイサキの群れも入り込んでいました。ただ、その後をつけてカンパチの群れも小通りに入ってきていたのが…うまく逃げ切ってくれればよいのですが…
イシガキフグ、ネズミフグの大物も相変わらず各所でウロウロ。ミナミハコフグygもそれっぽい岩裏を覗くとだいたい目が合います。

足りないのは熱帯魚系でしたが、沖ハヤマのブイにツムブリのyg、本来はいないはずの大人のツバメウオも登場しています。7/21には平五郎にツノダシ、あいあい岬下のミツボシマンションにミツボシクロスズメダイygが現れたそうです。こちらはこれからが本番ですね。

逆にオープン直後に見られた、オジサンの大群やヒラタエイの群れ、沖ハヤマから小通りを埋め尽くしていたタカベの超大群は姿を消していました。彼らの繁殖期が終了した、と見て良いようです。

ということで、オープン直後の第1次ヒリゾ行は個人的に120点とつけてしまったのですが…第2次の今回は、日曜の午前中に限れば、真☆最高宣言&カメ&サメで150点をつけざるを得ないです。それじゃー100点満点の意味ないじゃん!と自分でも反省しております。

あ!そういえばイルカが出たんでした!!
中木港の防波堤のすぐ外に、ハンドウイルカが迷い込んでおりました。2mほどの若い個体が一頭。群れからはぐれたのではなかろうか、ということだそうです。
残念ながら今はもうどこかにいってしまったようですが…でもあそこに迷い込むということは、ヒリゾ浜のみんなが泳いでいるところにひょこっと顔を出してもおかしくはない、ということで!!そうなったら鼻血大出血&1万点ですね<それ以上いけない

その他詳細は公式HPなどをご確認ください。 http://www.nakagi.jp/


場 所:南伊豆・ヒリゾ浜
日 時:180714-15 08:05〜16:30
天 候:晴れ
気 温:34℃
水 温:27〜28℃
波 高:無し
 風 :南西微風
透明度:15〜20m以上
撮 影:水中:NIKON 1 J4 + 1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6 PD-ZOOM + WP-N3
       +INON UWL-H100 28M67 type2、INON UCL-165M67
    陸上:NIKON D700

flickrアルバム:180714-15 Snorkeling @ Beach HIRIZO / South IZU 02-03
flickrアルバム:180714-15 Snorkeling @ Beach HIRIZO / South IZU 02-04

 

 

ヒリゾ浜の記事はこちらです。

 

ブログ:シュノーケリング@南伊豆・ヒリゾ浜 2018
ブログ:シュノーケリング@南伊豆・ヒリゾ浜 2017
ブログ:シュノーケリング@南伊豆・ヒリゾ浜 2016
ブログ:シュノーケリング@南伊豆・ヒリゾ浜 2015

ブログ:シュノーケリング@南伊豆・ヒリゾ浜 2014

ブログ:シュノーケリング@南伊豆・ヒリゾ浜 2013

ブログ:シュノーケリング@南伊豆・ヒリゾ浜 2012

ブログ:シュノーケリング@南伊豆・ヒリゾ浜 2011

ブログ:シュノーケリング@南伊豆・ヒリゾ浜 2010

ブログ:シュノーケリング@南伊豆・ヒリゾ浜 2009以前

 

<シマイサキ群れ@小通り>

初日のお昼、小通りに現れたシマイサキの群れ。
ygはたまーに見かけますが、大人の団体さんは始めてみました。そしてこの水質…


<イシガキフグ・マッサージ@沖ハヤマ>

沖ハヤマの棚の上で昼寝をしていたイシガキフグ。 そっと近づいてなでなでしてみました。嫌ではない御様子w
電池切れで4秒しか撮れてないのが痛恨です…orz


<殿羽丸@船着き場>

楽園に上陸。

 

<@船着き場>

あーこれは水面からして危険ですね。

 

メジナ他@沖ハヤマ>

沖ハヤマの青いこと…そして魚影。

 

<タカベ@沖ハヤマ>

タカベも最高です。

 

ニザダイ他@沖ハヤマ>

ニザ穴大混雑。

 

クマノミ@沖ハヤマ>

イソギン畑Aはまだペアになっていませんでした。

 

<ネズミフグ@沖ハヤマ>

一抱えはあるネズミフグ。 ハリセンボンとは違い、ヒレにまで斑点があります。最大で80cmを超えることもあるそうです。

 

カゴカキダイ他@沖ハヤマ>

沖ハヤマまでカゴカキダイとオジサンが出てきてました。

 

<コイボウミウシ@沖ハヤマ>

交接中かな?

 

メジナ他@沖ハヤマ>

かつてないラッシュアワー

 

メジナ他@沖ハヤマ>

なにがなんだか…

 

クマノミ@沖ハヤマ>

沖ハヤマの外側の斜面にも単体クマ氏。

 

クマノミ@沖ハヤマ>

イソギン畑Bはペアになりました。

 

クマノミ@沖ハヤマ>

ペアの大きいほうがオスからメスに性転換します。

 

クマノミ@沖ハヤマ>

伊豆(本州型)クマノミはオスの尾びれは全体が黄色、メスは尾びれが白くなるのが特徴です。
ちなみに、沖縄型はメスが白くなるのは同じですが、オスの尾びれは真ん中が白く上下だけ黄色。小笠原型は体色が黒いモノトーンスタイル。という違いがあるそうです。

 

<イセエビ@ハタンポ穴>

昼から王様クラスが出歩いていました。

 

クマノミ@小通り>

一番岩礁からちょっと沖ハヤマに戻ったところ。ここにも例年出ますね。

 

クマノミ@小通り>

お腹を見せてくれました。

 

クマノミ@小通り>

ホンソメ先生!

 

<キンギョハナダイ@小通り>

婚姻色バリバリで白く発光しているオス。 奥のオスと縄張り争いしています。

 

<キンギョハナダイ@小通り>

通常のオスはこんな感じです。

 

<キンギョハナダイ@小通り>

強気です。

 

<イタチウオ@小通り>

ウナギイヌ

 

<イシガキフグ@小通り>

こちらも大きなイシガキフグ。 ネズミフグのようにヒレまで模様があり、最大サイズも80cmを超えます。 違いは膨らんでも針がなく、ゴツゴツしたトゲだけというところです。

 

トラウツボ@小通り>

怖いけど綺麗。

 

イバラカンザシ、ベルベットサンゴ@小通り>

小通りで一番きれいなサンゴ。

 

<エンタクミドリイシ、アミメサンゴ@小通り>

テーブルサンゴもありますよ。

 

イバラカンザシ、コトゲキクメイシ@小通り>

こちらも綺麗な緑。

 

<アカハタ@小通り>

アンニュイな主。

 

<コモンウミウシ@小通り>

通常種でもいい色。

 

ネンブツダイ@小通り>

穴覗き。

 

チョウチョウウオ@小通り>

水質良好。

 

チョウチョウウオ@小通り>

みんなでお食事中。

 

<オジサン(ホウライヒメジ)、ホンソメワケベラ@小通り>

ホンソメ先生施療中。

 

<カンパチ@小通り>

おや?カンパチ艦隊。

 

<カンパチ@小通り>

珍しく小通りまで入ってきました。

 

<シマイサキ@小通り>

シマイサキの群れも浅瀬に登場。
単体ではたまに見かけますが、これほどの規模の群れは初めてです。

 

<シマイサキ@小通り>

水質がまた最高。

 

<ミツボシクロスズメダイyg@平五郎>

平五郎のミッツハウス。

 

<ツムブリyg@沖ハヤマ>

真っ青な沖ハヤマのブイにツムブリygが付いています。

 

<ツムブリyg@沖ハヤマ>

英名はRainbow Runnerです。

 

<ツムブリyg@沖ハヤマ>

15m先の砂地がまた綺麗。

 

<ツムブリyg@沖ハヤマ>

ブイから私のフィンに移ってきました。

 

<@丘ハヤマ>

丘ハヤマのドロップオフもこの青さ。

 

<ナミノハナ@丘ハヤマ>

小さなイワシの仲間のナミノハナの群れ。

 

<ストロベリーサンゴ他@丘ハヤマ>

サンゴモドキ科のストロベリーサンゴ。 バックのオレンジ色はソフトコーラルイボヤギです。

 

カゴカキダイyg他@あいあい岬下>

あいあい岬下に来ました。 入江を覗くと、カゴカキダイyg、オヤビッチャyg、ミナミハタンポygなどなど。ygの谷です。

 

シマアジ、イサキ@あいあい岬下>

仲良く寄り添って泳いでいます。

 

<イシダイ@あいあい岬下>

見事なクチグロ。

 

<イシダイ他@あいあい岬下>

ウミウシの谷のちょっと先辺りです。

 

<イシダイyg@あいあい岬下>

ygは好奇心旺盛です。

 

イバラカンザシ他@あいあい岬下>

輝いています。

 

<ミナミハコフグyg@あいあい岬下>

おしゃれな髪飾りは寄生虫だったりして…

 

<タカベ@沖ハヤマ>

午後のタカベも光っています。

 

フエダイ@沖ハヤマ>

単体でも珍しいフエダイが、2018シーズンは群れで登場です。

 

フエダイ他@沖ハヤマ>

オジサンと合流。

 

<キンギョハナダイ、ソラスズメダイ@沖ハヤマ>

沖ハヤマ的風景。

 

フエダイ@沖ハヤマ>

フラッシュを当てるとメタリックで更に格好良いです。

 

<イシガキフグ@沖ハヤマ>

沖ハヤマの棚の上で寝ていた大きなイシガキフグ。 ホンソメ先生を真似てそっと撫でてみました。結構受け入れてもらえたのが嬉しいです。

 

ゴンズイ他@赤ブイ>

ゴンズイ玉。

 

<イズヒメエイ他@赤ブイ>

終了間際にお食事中のイズヒメエイ。 1m超えの大物で、遠くからでもばったばた砂を巻き上げて貝などを探す姿が見えました。

 

<渡船@中木沖>

というわけで、最高の初日が終了したのでした。

次回は180715、二日目です。


flickrアルバム:180714-15 Snorkeling @ Beach HIRIZO / South IZU 02-03
flickrアルバム:180714-15 Snorkeling @ Beach HIRIZO / South IZU 02-04

 

ヒリゾ浜の記事はこちらです。

 

ブログ:シュノーケリング@南伊豆・ヒリゾ浜 2018
ブログ:シュノーケリング@南伊豆・ヒリゾ浜 2017
ブログ:シュノーケリング@南伊豆・ヒリゾ浜 2016
ブログ:シュノーケリング@南伊豆・ヒリゾ浜 2015

ブログ:シュノーケリング@南伊豆・ヒリゾ浜 2014

ブログ:シュノーケリング@南伊豆・ヒリゾ浜 2013

ブログ:シュノーケリング@南伊豆・ヒリゾ浜 2012

ブログ:シュノーケリング@南伊豆・ヒリゾ浜 2011

ブログ:シュノーケリング@南伊豆・ヒリゾ浜 2010

ブログ:シュノーケリング@南伊豆・ヒリゾ浜 2009以前


撮 影:水中:IKON 1 J4 + 1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6 PD-ZOOM + WP-N3     
陸上:NIKON D700

ヒリゾ浜のGoogleMapはこちらです。