The Esoteric Order of Damned Man Site-2

Hello Hello Hello Hello How low? @Kawasaki JAPAN Love sky, sea, alcohol, snorkeling, Bird Watching. Pics taken by TORQUE 5G, CANON EOS M6 MarkII, NIKON 1 J4 & D700, I'm DTP Designer

水中撮影:20191019-23(19) 初日の中の浦海水浴場/式根島・新島スキンダイビング行 の事


<アオウミガメ@中の浦海水浴場・式根島



2019/10/19-23
2018年10月、2019年5月に続き、伊豆諸島の式根島と新島へ行ってまいりました。
初日10/19の中の浦海水浴場でのスキンダイビングの様子をまとめます。


式根島地磯マップ>

 
今回は4泊4日(内船中1泊)の予定…が5泊5日になりました。

初日10/19は中の浦海水浴場でスキンダイビング
二日目10/20新島に渡り、島内サイクリングと本村前浜海岸でスキンダイビングをして式根島に帰島。
三日目10/21は丸根ヶ浜と中の浦海水浴場でスキンダイビング
四日目10/22は台風接近で船が欠航。延泊となり急遽島内ドライブへ。
五日目10/23は午前中だけ中の浦海水浴場でスキンダイビングをして撤収しました。

往復とも東海汽船の大型船。お宿は漁師民宿「きろく」さんです。
台風一過の最終日以外は小雨交じりの曇天で、お天気には少々恵まれませんでしたが、海中は相変わらず最高の式根島でした。


しかし、この年は台風が多く、特に10/12に日本を襲った台風19号は、激甚災害に指定され、令和元年東日本台風と呼ばれるほどの記録的台風となりました。
東日本全体が影響を受けましたが、進路にあたった式根島、新島の被害は甚大です。特に台風から派生した、複数の竜巻の被害が凄まじく、港の防波堤がすべてひっくり返ってしまったり、天然記念物に指定されている大木が折れたりと、思わず目を疑うほどの状況となっていました。

海中にも被害は及び、台風が直撃した島南東部の被害が大きかったです。
二日目に訪れた丸根ヶ浜では、棚田状に折り重なっていたエンタクミドリイシの大群生は8割ほど、浅瀬に点在していた群生も半分ほどが破壊されてしまいました。
キクメイシやハマサンゴなどのイシサンゴは形状的に強いのか、岩礁そのものが崩れた場所以外は健在でした。

ちなみに式根島では、台風19号の被害は島南部に集中しています。島中央の市街地や北部の各海水浴場には被害はほとんど出ていません。
離島ということで、本来は台風への備えは万全です。実はこの旅行中にも台風が接近し、帰宅予定の10/22は東海汽船が欠航、延泊となりました。
その翌日にも中の浦で潜ったのですが、海中は台風の影響を全く感じさせない素晴らしいものでした。
台風19号で被害が拡大してしまったのは、同時発生した竜巻の影響大かな、と愚考します。


場 所:式根島・中の浦海水浴場
日 時:191019 10:00〜16:00
天 候:雨時々曇り
気 温:20〜25℃
水 温:26℃
波 高:なし
 風 :東南東3.7〜12.2
透明度:20m以上
撮 影:水中:NIKON 1 J4 + 1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6 PD-ZOOM + WP-N3
       INON UCL-165M67
    陸上:NIKON D700

式根島全体についての雑感を再掲しておきます。

2018/10/06-08

伊豆諸島の式根島シュノーケリングと観光に行ってきました。

結論から言いますと、最高でした!式根島シュノーケリング・アイランドと言って過言ではないと思います。
今回は10/5の夜に東京の竹芝桟橋から東海汽船の大型船で式根島へ。寝ている間に移動して翌朝到着するというシステムです。早割やインターネット予約割引やなど割引サービスがいくつかあって、往復でだいたい1万円〜1万2千円です。

個人的には伊豆諸島といえば、ドルフィンスイムやスクーバダイビング。実際にこれまでに訪れた、利島や大島はダイナミックすぎて、ボートかタンクを背負わないとなぁという感じだったのですが。今回初めて式根島を訪れて、その印象がガラッと変わりました。

式根島の大きさは一周12km。リアス式の海岸線で穏やかな入江がたくさんあります。メジャーな海水浴場だけでも、中ノ浦、泊、大浦、石白川(いしじろがわ)の4つ。隠しビーチ的な穴場の入江も各所にあります。
海中は伊豆の海のゴージャス版といった感じで、黒潮の本流が当たる離島ならではの透明度、サンゴや魚種の豊富さはさすがです。上述の4つの海水浴場でも十分楽しめるのですが、地元の方に教えていただいた、ちょっと不便な場所にある隠しビーチは本当に素晴らしかったです。

潜るポイントは島の南北に分布しており、外洋への開口部も色々です。つまり、風向きや潮加減次第で、その日のベストなポイントが選べます。

島が小さいので移動するのも簡単です。とくにレンタルの電動自転車がオススメ。いちいち着替えず、ウェットスーツを着たまま各ポイントを巡るのは、想像以上に楽しいものでした。

風向きと波具合を見て、初日は島北西部にある中ノ浦海水浴場、北にある泊海水浴場。二日目は島南東部にある隠しポイントの丸根ヶ浜。三日目は島南東部にある石白川海岸とその沖にあるモウヤ岩礁を選びました。
各ポイント別に別記事でまとめますが、どこも本当に素晴らしかったです。

ちなみに、私の本業は印刷物のデザインなのですが、社で手がけている商工会議所の月報誌に簡単な旅行記事の寄稿もしています。
去年の11月号で今回の式根島について扱いましたので、シュノーケリング行に入る前にこちらも掲載しておきます。ご参考ください。

以下テキスト抜粋です

--
東京都の楽園 海と温泉と人情の式根島
東京都新島村 式根島

真っ青な海と空。白く輝くビーチにはまばらな人影。透明度が高いので、水底の様子が手に取るようにわかります。まるで南国のような景色ですが、式根島は行政区的には東京都!都内から直線距離で約160㎞、高速ジェット船なら約2時間。日帰りでも行ける身近な楽園なのです。

今回のぶらり旅は、伊豆諸島の式根島を訪れました。式根島は新島と神津島にはさまれた、直径約12kmの小さな島です。美しく穏やかな海岸と、無料で入れる露天風呂、独特の島グルメなどが大きな魅力となっています。今なら、東京都が補助する「しまぽ通貨」を利用して、お得に旅することができます。※

島内には、水着で入る海際の野天風呂が3か所。「地鉈温泉」、「足付温泉」は、岩場に源泉が直接湧く野湯。どちらも潮の干満で海水と混じり、適温となった潮溜まりを探す必要がある、大変ワイルドな温泉です。中でも地鉈温泉は「内科の湯」と呼ばれ、全国露天風呂番付で東の張出横綱に番付される、知る人ぞ知る名湯。足付港近くの「松が下雅湯」にも引かれており、気軽に楽しむこともできます。

島の周囲はリアス式の入り組んだ海岸線が続きます。穏やかな入り江は海水浴場としても好適。泊、石白川、大浦、中の浦の4か所が開放されています。美しい砂浜と澄んだ岩礁、高い透明度が自慢です。筆者は地元の方に教えていただいた、秘密の入り江でシュノーケリングを行いました。ごく浅瀬から、見事なサンゴの群生とカラフルな熱帯魚の群れが…素晴らしい光景でした。11月でも水温は20度以上。ウェットスーツをレンタルすれば、ダイビングなどでもまだまだ十分楽しめます。

小さな島は、レンタルの電動アシスト付自転車で回るのにぴったり。点在する商店で、島素材満載の「島のり弁当」や「たたき丸」(地魚のすり身を巻いたおにぎり)、「明日葉あげパン」を買って、ぐるりとサイクリング。新東京百景にも選ばれた神引展望台の絶景を見ながら、ランチタイムはいかがでしょう。

●アクセス 竹芝桟橋東海汽船・大型船(前日22:00発)→式根島(9:05着)又は竹芝桟橋東海汽船・ジェット船(当日7:35発)→式根島(11:05着)
●キャプション ①:泊海水浴場 ②:松が下雅湯 ③:丸根ヶ浜のサンゴ礁式根島観光協会:☎04992-7-0170) ④:島のり弁、たたき丸(あしたば)(ファミリーストアみやとら:☎04992-7-0304)、あげぱん(明日葉)(池村商店:☎04992-7-0016) 文末:「くさや」にも挑戦! ◦げんべいレンタルサイクル:☎090-4533-3437 ◦湯ったり宿・肥田文:☎04992-7-0072 ◦東海汽船:☎03-5472-99999 
※しまぽ通貨は現在は停止中。2019年夏より再開予定です。船便等についてはHPをご確認下さい
--


この記事のFlickrアルバム他はこちらです。
191019-23(19) Snorkeling @ NAKANOURA Beach / SHIKINEJIMA Island
191019-23(20) Snorkeling @ MAEHAMA Beach / NIIJIMA Island
191019-23(21) Snorkeling @ MARUNEGAHAMA Beach / SHIKINEJIMA Island
191019-23(21) Snorkeling @ NAKANOURA Beach / SHIKINEJIMA Island
191019-23(22) Typhoon hitting @ SHIKINEJIMA Island
191019-23(23) Snorkeling @ NAKANOURA Beach / SHIKINEJIMA Island
d3_plusのYouTube

みんカラのカテゴリー別リンクはこちらです。
ブログ:シュノーケリング@伊豆諸島・式根島


 


<さるびあ丸@野伏港・式根島

寝て起きたら式根島に到着。

 


<さるびあ丸@野伏港・式根島

道中はかなりの大荒れでしたが、雨もやんできました。

 


<漁師民宿きろく@式根島

今回のお宿、「きろく」さんに到着。
広くてきれい。料理も最高!の素敵なお宿でした。

 


<漁師民宿きろく@式根島

式根島情報マップ。

 


<東要寺@式根島

電動自転車をレンタルして移動開始。島の南側にある東要寺さんへ。
10/12に日本を襲った台風19号の被害の爪痕が残っていました。

 


<東要寺@式根島

台風により発生した竜巻の被害が事に甚大です。
何本も発生し、島中央から島南東部にかけて跡が残っています。

 


<東要寺@式根島

東京都指定の天然記念物、東要寺の大イヌマキの幹も半分折れてしまいました。

 


<東要寺@式根島

これほどの大木が折れるとは…

 


<まいまいず井戸@式根島

近くのまいまいず井戸の大木も、引き裂かれるように折れていました。

 


<石白川海水浴場@式根島

今は穏やかな石白川海水浴場。

 


<釜の下海岸@式根島

釜の下海岸にはサーファーさん。

 


式根島港@式根島

島南西部にあり、竜巻と台風の直撃を受けた式根島港。

 


式根島港@式根島

150m×50mはある防波堤の表面のコンクリートが、すべてひっくり返ってしまいました。

 


式根島港@式根島

俄に信じられない光景です。

 


式根島港@式根島

鋭意復興中です。

 


<お弁当みやとら@式根島

竜巻が通過しなかった他の地区にはほとんど被害がありませんでした。
離島ですので、台風そのものへの対策はしっかりしているのです。

 


<泊海水浴場@式根島

島北部の野伏港、泊、大浦、中の浦の各海水浴場も被害はありません。

 


<中の浦海水浴場@式根島

中の浦は風裏で、さらに穏やかでした。

 


ギンガメアジチョウチョウウオ他@中の浦海水浴場・式根島

早速入水。波打ち際から水質良好です。

 


モンツキハギyg他@中の浦海水浴場・式根島

黄色いモンツキハギyg、オジサンyg、ソラスズメダイなどなど。
こちらも浅瀬から魚影が濃いです。

 


モンツキハギyg他@中の浦海水浴場・式根島

サンゴに隠れるブダイygとモンツキハギyg。

 


<ツノダシ他@中の浦海水浴場・式根島

オヤビッチャの群れとツノダシ他。

 


<サンゴ他@中の浦海水浴場・式根島

浅瀬のサンゴ群生。

 


<サンゴ他@中の浦海水浴場・式根島

エンタクミドリイシとハマサンゴ、キクメイシ系がメインです。

 


<スミツキトノサマダイ他@中の浦海水浴場・式根島

大人のスミツキトノサマダイ。

 


<スミツキトノサマダイ他@中の浦海水浴場・式根島

こっち見んな!

 


<ヤリカタギ他@中の浦海水浴場・式根島

ヤリカタギの成魚と幼魚、ミゾレチョウチョウウオもいます。

 


<ヤリカタギ他@中の浦海水浴場・式根島

ヤリカタギ。

 


<ヤリカタギ他@中の浦海水浴場・式根島

成魚になるとエッジが効いてシャープになりますね。

 


<エンタクミドリイシ他@中の浦海水浴場・式根島

天気も良くなってきました。

 


<エンタクミドリイシ他@中の浦海水浴場・式根島

ヤリカタギとソラスズメダイ、上にいるのはナガニザっぽいです。

 


<ツノダシ他@中の浦海水浴場・式根島

ツノダシも来ました。
奥にいるのはハゼ系かな。

 


<ツノダシ他@中の浦海水浴場・式根島

威嚇してくるナガサキスズメダイ

 


<エンタクミドリイシ他@中の浦海水浴場・式根島

陽が入るといいですね。

 


<エンタクミドリイシ他@中の浦海水浴場・式根島

水面から。

 


<@中の浦海水浴場・式根島

遠くのスクーバダイバーさんと目があいました。

 


<@中の浦海水浴場・式根島

体験ダイビングでしょうか。

 


<アケボノチョウチョウウオ@中の浦海水浴場・式根島

アケボノチョウチョウウオの成魚。

 


<アケボノチョウチョウウオ@中の浦海水浴場・式根島

かっこいいです。

 


<マダラタルミyg@中の浦海水浴場・式根島

ちょっとめずらしいマダラタルミの幼魚。
成魚は口の大きなメジナのようなスタイルになります。

 


ミスジチョウチョウウオyg他@中の浦海水浴場・式根島

入り江の出口付近中央あたりの大きなエンタクミドリイシに、ミスジチョウチョウウオの幼魚と…

 


ナンヨウハギyg他@中の浦海水浴場・式根島

ナンヨウハギの幼魚が!
いわゆるドリーです。かなり珍しいです。

 


ナンヨウハギyg他@中の浦海水浴場・式根島

ちょっと地味ですが、ヒメスズメダイも可愛いです。

 


ナンヨウハギyg他@中の浦海水浴場・式根島

正面。

 


ナンヨウハギyg他@中の浦海水浴場・式根島

横。

 


<フタスジリュウキュウスズメダイyg他@中の浦海水浴場・式根島

フタスジリュウキュウスズメダイの幼魚も近くにいました。

 


<アオウミガメ@中の浦海水浴場・式根島

ちょっと沖に出るとアオウミガメによく出会います。

 


<アオウミガメ@中の浦海水浴場・式根島

こちらをチラチラ見ながら沖に出てゆきました。

 


<イシガキフグ他@中の浦海水浴場・式根島

式根島はフグ類もすごく多いです。

 


<イシガキフグ他@中の浦海水浴場・式根島

伊勢海老は南伊豆のほうが多い気もします。

 


<ハマフエフキ他@中の浦海水浴場・式根島

人間大好きなハマフエフキ。
1m近い個体がずっとあとを追いかけてきます。

 


<ハリセンボン他@中の浦海水浴場・式根島

ハリセンボンも群れでいることがあります。

 


<ハリセンボン他@中の浦海水浴場・式根島

ぼーん。

 


<ハリセンボン他@中の浦海水浴場・式根島

リラックス中。

 


<エンタクミドリイシ他@中の浦海水浴場・式根島

ソラスズメダイ、ヒメスズメダイなどが集まっています。

 


<ハクセイハギ他@中の浦海水浴場・式根島

大きなハクセイハギもよく目立ちます。

 


<アオウミガメ@中の浦海水浴場・式根島

視線を感じて振り向くと、またアオウミガメと目があいました。

 


<アオウミガメ@中の浦海水浴場・式根島

先程の個体とは違うかな?

 


<アオウミガメ@中の浦海水浴場・式根島

やはりこちらをチラチラ見ています。

 


<アオウミガメ@中の浦海水浴場・式根島

付かず離れずで周りを回っています。

 


<アオウミガメ@中の浦海水浴場・式根島

きれいな甲羅です。

 


<アオウミガメ@中の浦海水浴場・式根島

岩の裏を回ったので…

 


<アオウミガメ@中の浦海水浴場・式根島

先回りしてみました。

 


<アオウミガメ@中の浦海水浴場・式根島

またねー。

 


ソラスズメダイ他@中の浦海水浴場・式根島

ソラスズメダイの群れの他に、シラコダイyg、オジサンyg、キンギョハナダイ、ヤマブキベラ、シコクスズメダイygなどなどが集まっています。

 


<ヤクシマダカラ@中の浦海水浴場・式根島

巨大なタカラガイがいました。

 


<ヤクシマダカラ@中の浦海水浴場・式根島

ヤクシマダカラぽいです。

 


トゲチョウチョウウオ他@中の浦海水浴場・式根島

お昼なのでビーチに戻ります。
波打ち際のトゲチョウチョウウオ成魚、ツノダシ、シマハギyg、ニセカンランハギなど。

 


<@中の浦海水浴場・式根島

みやとらさんのお弁当で腹ごしらえです。

 


<ツノダシ他@中の浦海水浴場・式根島

午後の海もいい感じです。

 


<ヤリカタギ他@中の浦海水浴場・式根島

浅瀬のサンゴ群生。

 


トゲチョウチョウウオ他@中の浦海水浴場・式根島

チョウチョウウオ系の成魚がいるとぐっとトロピカルになりますね。

 


<ミヤコテングハギ他@中の浦海水浴場・式根島

ちょっとめずらしいミヤコテングハギがいました。

 


<ツノダシ他@中の浦海水浴場・式根島

ツノダシやソラスズメダイ。

 


<トックリガンガゼモドキ他@中の浦海水浴場・式根島

かなり大きなトックリガンガゼモドキ。

 


<ツノダシ他@中の浦海水浴場・式根島

水質さらに良好です。

 


<キンギョハナダイ他@中の浦海水浴場・式根島

キンギョハナダイと先生。

 


<キンギョハナダイ他@中の浦海水浴場・式根島

キンギョハナダイはいいですね。

 


<キンギョハナダイ他@中の浦海水浴場・式根島

こっち見んな!

 


ソラスズメダイ他@中の浦海水浴場・式根島

ソラスズメダイとキホシスズメダイの群れ。
キンギョハナダイ、シコクスズメダイyg、ヤマブキベラygなどもいます。

 


ソラスズメダイ他@中の浦海水浴場・式根島

下から見てもいい感じです。

 


<@中の浦海水浴場・式根島

神引展望台側の谷間。

 


チョウチョウウオ他@中の浦海水浴場・式根島

チョウチョウウオが固まっていました。

 

 


<フタスジタマガシラ@中の浦海水浴場・式根島

ちょっとめずらしいフタスジタマガシラの成魚。

 


<ツノダシ他@中の浦海水浴場・式根島

トックリガンガゼモドキとツノダシ。

 


ソラスズメダイ他@中の浦海水浴場・式根島

ソラスズメダイの群れ、ヤリカタギの群れ、焦げ茶と白の縦縞はコガシラベラの幼魚でしょうか。
よく見るとヒメスズメダイ、クギベラもいます。

 


<ヤリカタギ他@中の浦海水浴場・式根島

ヤリカタギの群れ。
左にこっちを見ているホシギンポがちらり。

 


<サザナミヤッコ他@中の浦海水浴場・式根島

サザナミヤッコとオトヒメエビ。

 


<サザナミヤッコ他@中の浦海水浴場・式根島

こっち見んな!

 


<サザナミヤッコ他@中の浦海水浴場・式根島

大きめのサザナミヤッコのペアもいました。

 


<サザナミヤッコ他@中の浦海水浴場・式根島

大人になりかけですね。

 


<ホンソメワケベラ他@中の浦海水浴場・式根島

クリーニング中。

 


<ヤリカタギ他@中の浦海水浴場・式根島

大きめのエンタクミドリイシ

 


<ツノダシ他@中の浦海水浴場・式根島

湾を出て右手に出ると、ツノダシがよく群れています。

 


<アカヒメジ他@中の浦海水浴場・式根島

アカヒメジの群れと奥にアオブダイ

 


<ツノダシ他@中の浦海水浴場・式根島

そしてこっちを見ているハマフエフキ。

 


ソラスズメダイ他@中の浦海水浴場・式根島

ソラスズメダイとキンギョハナダイの群れ。
シコクスズメダイナガサキスズメダイ、キホシスズメダイもいっぱいいます。

 


<ネズミフグ@中の浦海水浴場・式根島

大きなネズミフグ。最大で70㎝を超えます。

 


<コウシンウミウシ@中の浦海水浴場・式根島

暗くなってきたのでビーチに戻ってきました。
浅瀬に大きなコウシンウミウシ
この個体は20cmぐらいでした。最大で75㎝になるそうです。

 


<@中の浦海水浴場・式根島

お天気はどんよりでしたが、海中は最高の中の浦でした。

 


<漁師民宿きろく@式根島

宿に戻って晩ごはん。
島寿司にお刺身、カサゴの煮つけなどなど…最高です!!

 


<漁師民宿きろく@式根島

島寿司(べっこう寿司)は真鯛
わさびではなく辛子醤油で漬けこまれた、伊豆諸島の郷土寿司です。
美しくてそして美味しい。やっぱり最高ですね。

 
二日目の新島サイクリングと本村前浜海岸スキンダイビングに続きます。


この記事のFlickrアルバム他はこちらです。
191019-23(19) Snorkeling @ NAKANOURA Beach / SHIKINEJIMA Island
191019-23(20) Snorkeling @ MAEHAMA Beach / NIIJIMA Island
191019-23(21) Snorkeling @ MARUNEGAHAMA Beach / SHIKINEJIMA Island
191019-23(21) Snorkeling @ NAKANOURA Beach / SHIKINEJIMA Island
191019-23(22) Typhoon hitting @ SHIKINEJIMA Island
191019-23(23) Snorkeling @ NAKANOURA Beach / SHIKINEJIMA Island
d3_plusのYouTube

みんカラのカテゴリー別リンクはこちらです。
ブログ:シュノーケリング@伊豆諸島・式根島


中の浦海水浴場のGoogleMapはこちらです。