The Esoteric Order of Damned Man Site-2

Hello Hello Hello Hello How low? @Kawasaki JAPAN Love sky, sea, alcohol, snorkeling. Pics taken by TORQUE G03, NIKON 1 J4 & D700, I'm DTP Designer

お出かけ:20181020-21(21) 世界遺産・五箇山相倉合掌造り集落散策/能登島・北陸ドルフィンスイム行 の事

 
五箇山相倉合掌造り集落@富山県南砺市

2018/10/20-21
北陸旅行で石川県と富山県に行ってきました。
初日の石川県の能登島ドルフィンスイムの後は、富山県南砺市城端にある実家へ。
朝から「越中の小京都」と呼ばれる城端の街を散策して、お昼から世界遺産五箇山相倉合掌造り集落を見て川崎に帰ってきました。

相倉合掌造り集落は平成7年(1995年)12月、同じく富山県南砺市五箇山の菅沼合掌造り集落と岐阜県大野郡の白川郷とともに、ユネスコ世界遺産に登録されました。

相倉は1500m級の山に囲まれた、標高約400m、500m×250mほどの盆地にあります。
集落としての歴史は縄文時代にさかのぼります。相倉村としての記録は、天文21年(1552年)の瑞願寺の古文書に見られます。
加賀藩の庇護のもと、畑作、葉酸、塩硝(火薬の原料)、和紙などが生産されました。
現在は21戸80人が生活しています。合掌造り家屋20棟のほか、寺院や神社、土蔵、板倉などの伝統的な建物や雪持林、神社の社叢、畑の石垣、水路、旧道などが保存すべきものとして特定されています。

 


<相倉合掌造り集落散策マップ>

世界遺産相倉合掌造り集落保存財団様ホームページからお借りしたpdfマップです。


前回の記事はこちらです。

富山県の記事はこちらです。

この記事のFlickrアルバム他はこちらです。
181020 Dolphin Snorkeling @ Beach SOWAJI-URA, NOTOJIMA Island , ISHIKAWA
181021 Touring @ JOHANA, GOKAYAMA / TOYAMA
d3_plusのYouTube

みんカラのカテゴリー別リンクはこちらです。
ブログ:スキンダイビング@北陸
ブログ:スキンダイビング@北陸・能登島ドルフィンスイム

 


五箇山相倉合掌造り集落@富山県南砺市

お昼から五箇山の相倉合掌造り集落に来ました。

 


五箇山相倉合掌造り集落@富山県南砺市

入り口からの風景。

 


五箇山相倉合掌造り集落@富山県南砺市

お天気最高です。

 


五箇山相倉合掌造り集落@富山県南砺市

窓に…スケキヨ!?

 


五箇山相倉合掌造り集落@富山県南砺市

民宿の庄七(しょうしち)さん。

 


五箇山相倉合掌造り集落@富山県南砺市

民宿の勇助(ゆうすけ)さん。

 


五箇山相倉合掌造り集落@富山県南砺市

勇助さんは内部が公開され、五箇山の歳時記を紹介する写真や、歴史、合掌造りについてのパネル、養蚕業の紹介などが展示されています。

 


五箇山相倉合掌造り集落@富山県南砺市

越中五箇山相倉集落解説。

 


五箇山相倉合掌造り集落@富山県南砺市

五箇山タクシー。

 


五箇山相倉合掌造り集落@富山県南砺市

良い苔。
茅葺屋根は30〜40年に一度、集落総出で葺き替えられます。

 


五箇山相倉合掌造り集落@富山県南砺市

集落奥から。

 


<勇助@五箇山相倉合掌造り集落・富山県南砺市

勇助さんにお邪魔します。

 


<勇助@五箇山相倉合掌造り集落・富山県南砺市

大人300円です。

 


<勇助@五箇山相倉合掌造り集落・富山県南砺市

庭先からの風景。

 


<勇助@五箇山相倉合掌造り集落・富山県南砺市

土間の番傘。

 


<勇助@五箇山相倉合掌造り集落・富山県南砺市

良い感じのホオズキ

 


<勇助@五箇山相倉合掌造り集落・富山県南砺市

和紙灯籠。

 


<勇助@五箇山相倉合掌造り集落・富山県南砺市

お世話になります。

 


<勇助@五箇山相倉合掌造り集落・富山県南砺市

二階展示フロアー。

 


<勇助@五箇山相倉合掌造り集落・富山県南砺市

二階からの風景。

 


<勇助@五箇山相倉合掌造り集落・富山県南砺市

茅葺きもよく見えます。

 


<勇助@五箇山相倉合掌造り集落・富山県南砺市

海野光弘先生の素敵な版画の展示もありました。

 


<勇助@五箇山相倉合掌造り集落・富山県南砺市

コスモス。

 


<勇助@五箇山相倉合掌造り集落・富山県南砺市

雪の村もいいですね。

 


<勇助@五箇山相倉合掌造り集落・富山県南砺市

あ、先程のスケキヨ氏が。

 


<勇助@五箇山相倉合掌造り集落・富山県南砺市

養蚕業の模型。

 


<勇助@五箇山相倉合掌造り集落・富山県南砺市

ちょっと可愛いです。

 


<勇助@五箇山相倉合掌造り集落・富山県南砺市

三階にも登れます。
実家も40年前までは茅葺きでした。

 


<勇助@五箇山相倉合掌造り集落・富山県南砺市

囲炉裏にもあたれます。

 


<勇助@五箇山相倉合掌造り集落・富山県南砺市

立派な鉄瓶から、ほうじ茶を振る舞っていただけました。
最高です。

 


<勇助@五箇山相倉合掌造り集落・富山県南砺市

囲炉裏で燻されて渋さ極まったでんすけ氏。

 


<勇助@五箇山相倉合掌造り集落・富山県南砺市

障子と簾越しの風景。

 


<勇助@五箇山相倉合掌造り集落・富山県南砺市

富山といえばデフォルトの巨大仏壇。
実家にあるほうが大きいかもしれません。

 


<勇助@五箇山相倉合掌造り集落・富山県南砺市

薪と自転車。

 


五箇山相倉合掌造り集落@富山県南砺市

鎮守の地主神社

 


茶店まつや@五箇山相倉合掌造り集落・富山県南砺市

お休み処の茶店「まつや」さんでお昼をいただきます。

 


茶店まつや@五箇山相倉合掌造り集落・富山県南砺市

お蕎麦メインで山の幸満載の定食。
最高じゃないですか。

 


茶店まつや@五箇山相倉合掌造り集落・富山県南砺市

おすすめの「ざるそば定食」。
天ぷらに小鉢と山菜盛りだくさん。大好物ばかりです。

 


茶店まつや@五箇山相倉合掌造り集落・富山県南砺市

きのこうどんも素晴らしい。

 


茶店まつや@五箇山相倉合掌造り集落・富山県南砺市

追加で刺身こんにゃくも。
ごちそうさまでした。

 


茶店まつや@五箇山相倉合掌造り集落・富山県南砺市

茶店から見える中心部。

 


五箇山相倉合掌造り集落@富山県南砺市

宿の与茂四郎さん。

 


五箇山相倉合掌造り集落@富山県南砺市

逆光は勝利。

 


五箇山相倉合掌造り集落@富山県南砺市

フルサイズのこきりこ(五箇山の伝統楽器)。

 


五箇山相倉合掌造り集落@富山県南砺市

江戸時代頃の原始合掌造り建築。
ほぼ茅葺きの屋根部分のみで構成されています。

 


五箇山相倉合掌造り集落@富山県南砺市

見晴らしの良いビューポイントがいくつかあります。

 


五箇山相倉合掌造り集落@富山県南砺市

南西側のポイントです。

 


五箇山相倉合掌造り集落@富山県南砺市

世界文化遺産記念パネル。

 


五箇山相倉合掌造り集落@富山県南砺市

メインストリート沿いの田んぼ。

 


五箇山相倉合掌造り集落@富山県南砺市

一度合掌造りの宿に泊まってみたいものです。

 


五箇山相倉合掌造り集落@富山県南砺市

西方道場。
浄土真宗の道場です。

 


五箇山相倉合掌造り集落@富山県南砺市

通常の合掌造りとちょっと建築様式が違います。

 


五箇山相倉合掌造り集落@富山県南砺市

観光地でもありますが、生活の場でもあります。

 


五箇山相倉合掌造り集落@富山県南砺市

民宿「なかや」さん。

 


五箇山相倉合掌造り集落@富山県南砺市

南無阿弥陀佛。

 


五箇山相倉合掌造り集落@富山県南砺市

民宿与茂四郎さん。

 


五箇山相倉合掌造り集落@富山県南砺市

原始合掌造り。

 


五箇山相倉合掌造り集落@富山県南砺市

ぶじかえる。

 


五箇山相倉合掌造り集落@富山県南砺市

石垣も当時のままです。

 


五箇山相倉合掌造り集落@富山県南砺市

集落入口の駐車場から山を登り、集落を一望できる展望台「ふるさと眺望点」に向かいます。

 


五箇山相倉合掌造り集落@富山県南砺市

合掌造りの素、茅畑。

 


五箇山相倉合掌造り集落@富山県南砺市

5分ほどで到着しました。

 


五箇山相倉合掌造り集落@富山県南砺市

良い景色です。

 


五箇山相倉合掌造り集落@富山県南砺市

雪の頃にもまた来たいですね。

 


五箇山相倉合掌造り集落@富山県南砺市

勇助さん。

 


五箇山相倉合掌造り集落@富山県南砺市

もう一段上がありました。

 


五箇山相倉合掌造り集落@富山県南砺市

シャボン玉と合掌造り。

 


五箇山相倉合掌造り集落@富山県南砺市

アルゼンチンからのお客さんを撮影してあげました。

 


五箇山相倉合掌造り集落@富山県南砺市

逆光は勝利。

 


五箇山相倉合掌造り集落@富山県南砺市

茶店で一息。

 


五箇山相倉合掌造り集落@富山県南砺市

雰囲気いいです。

 


五箇山相倉合掌造り集落@富山県南砺市

運転しない大人はこちらで。

 


<@東海北陸道

五箇山からは東海北陸道を名古屋周りの東明経由で帰りました。
距離は500km、6時間半ほどになります。
最短は中央道経由で390㎞、6時間ちょうどぐらいですが、運転の難易度は名古屋周りの方が楽ですね。

 

次回は2019年12月29日〜30日の式根島行になります。


前回の記事はこちらです。

富山県の記事はこちらです。

この記事のFlickrアルバム他はこちらです。
181020 Dolphin Snorkeling @ Beach SOWAJI-URA, NOTOJIMA Island , ISHIKAWA
181021 Touring @ JOHANA, GOKAYAMA / TOYAMA
d3_plusのYouTube

みんカラのカテゴリー別リンクはこちらです。
ブログ:スキンダイビング@北陸
ブログ:スキンダイビング@北陸・能登島ドルフィンスイム


富山県南砺市城端のGoogleMapはこちらです。


五箇山相倉合掌造り集落のGoogleMapはこちらです。