The Esoteric Order of Damned Man Site-2

Hello Hello Hello Hello How low? @Kawasaki JAPAN Love sky, sea, alcohol, snorkeling, Bird Watching. Pics taken by TORQUE 5G, CANON EOS M6 MarkII, NIKON 1 J4 & D700, I'm DTP Designer

20180814 富士山麓139号周遊行/梟・木菟&炭水化物祭り の事


<ハリスホーク@富士花鳥園

みんカラでほそぼそとやっていたのですが、写真サイズ他の問題ではてなブログに移ってきてみました。よろしくお願いいたします。
The Esoteric Order of Damned Man Site | D3_plusのブログ一覧 | - みんカラ



2018/08/14
静岡県富士宮市から山梨県南部へ行ってきました。

午前中に川崎を出発して、東名高速から新東名を使って富士宮へ。
富士宮やきそばの名店「天神橋」でランチ→まかいの牧場でお買い物→富士花鳥園でフクロウ三昧→山梨県鳴沢村へ渡り、富士眺望の湯ゆらりでお風呂→河口湖のイタリアン「ラ・ルーチェ」で晩ごはん。と、国道139号線で富士山麓をぐるっと巡る行程でした。

お天気は生憎の小雨まじりでしたが、霧の高原の爽やかな雰囲気を満喫できました。
なによりご飯が最高!富士山麓は水が良いので、何を食べても美味しいのですが。
富士宮のやきそば、お好み焼き、河口湖のピッツァ、パスタ。奇しくも炭水化物まつりになりましたが、本当に美味しかったです。

花鳥園の鳥三昧も最高です。フクロウ・ミミズクだけでなく、ペンギンからエミューまで、鳥充を楽しめます。


過去に副業の旅行記で扱ったことがありますので、ご参考までに転載いたします。

 


<かいぎしょ2018年12月号>

かわさき発! 日帰りぶらり旅 vol.84
静岡県富士宮市
朝霧高原 さわやか富士山ツーリング

高原のなだらかな牧草地を車は進みます。車窓には裾野を広げた富士山。ところどころで乳牛が静かに草を食んでいます。見晴らしの良いパーキングに車を止め小休止。のどかな景色と冬を迎える高原の空気が、さわやかな気分にさせてくれます。

今回のぶらり旅は初冬の静岡県富士宮市朝霧高原へ。名物の富士宮やきそばを食し、猛禽と触れ合える富士花鳥園、富士山一望の露天風呂を訪れました。

富士宮の市街から北上する国道139号線は、どこをとっても富士山ビュー。ドライブにもってこいです。上述の「朝霧さわやかパーキング」は、知る人ぞ知る絶景ポイント。タイミングが良ければ、放牧中の乳牛と富士山を見ることができます。

139号線をさらに北上して、「富士花鳥園」へ。「花と鳥の別天地」の名の通り、園内はベゴニアなど色とりどりのお花でいっぱい。日本屈指の飼育数を誇るフクロウ・ミミズクを筆頭に、ワシやタカ、ペンギン、エミューなど貴重な鳥類と触れ合うことができます。
花鳥園ではバードショーがおすすめです。観客のすぐ目の前を猛禽類が飛翔することも。他では見られない大迫力です。かわいいフクロウやミミズクと急接近できる、腕乗せ体験も大人気です。全天候型の施設のため、天候がいまいちでも、ゆっくり楽しめるのもありがたいですね。

お食事には、B級グルメの雄「富士宮やきそば」は外せません。むちむちのやきそば専用麺に油かす(肉かす)のコク。仕上げの削り粉(サバやイワシの魚粉)の風味がまたたまりません。女将さんの見事なヘラさばきも必見です。

旅の締めは、富士山一望の露天風呂。「富士眺望の湯ゆらり」では、霊峰露天風呂、パノラマ風呂等、充実の施設で富士山の絶景と天然温泉が楽しめます。

キャプション
①:朝霧さわやかパーキング(富士宮市観光協会:☎0544-27-5240)
②:バードショー
文末:フクロウ腕乗せ体験(富士花鳥園:☎0544-52-0880、年中無休、9:00〜16:30、大人1,100円 小学生550円)
③:霊峰露天風呂(富士眺望の湯ゆらり:☎0555-85-3126、年中無休、10:00〜22:30、大人1,300円〜 子ども650円〜)
④:富士宮やきそば製作中(天神橋:☎0544-54-0520、木・第四水休、11:00〜14:00、16:00〜20:00)

アクセス:
【電 車】 JR川崎駅→JR東海道線→JR富士駅→JR身延線→JR富士宮駅→糸の滝行バス
【自動車】 東名高速道路→御殿場IC→国道139号

 

この記事のFlickrアルバムはこちらです。
flickrアルバム:180814 Touring @ FUJINOMIYA City, SHIZUOKA Pref,

 


富士宮やきそば 天神橋@静岡県富士宮市

富士宮やきそばお好み焼きの名店「天神橋」さん。

 


富士宮やきそば 天神橋@静岡県富士宮市

趣ある店内。

 


富士宮やきそば 天神橋@静岡県富士宮市

女将さんの光速の手さばき。
これは美味しいでしょう…

 


富士宮やきそば 天神橋@静岡県富士宮市

富士宮やきそばYEAH!

 


富士宮やきそば 天神橋@静岡県富士宮市

お好み焼きも美しい…
美味しさは折り紙付きです。

 


まかいの牧場静岡県富士宮市

食後はまかいの牧場でソフトクリーム。
マストでしょう。

 


アナホリフクロウ富士花鳥園

雨でも楽しめる富士花鳥園へ。
受付からフクロウ三昧です。

 


アフリカオオコノハズク富士花鳥園

この時点で28-300mm一本しか持ってこなかったことを後悔しています。

 


<ハリスホーク@富士花鳥園

好天の場合は屋外で行われるバードショーですが、雨天時でも広い屋内ホールで見ることができます。

 


<ハリスホーク@富士花鳥園

相対的に距離が近くなるので、ある意味雨天のほうが迫力あるショーを楽しめるかもしれません。
ただし暗さは否めませんので、良いレンズを持ってくる必要があります。失敗しました。

 


<フクロウ@富士花鳥園

お客様も鳥好き間違いなしでしょう。

 


<ヨゲンノスリ富士花鳥園

猛禽はカッコよすぎます。

 


<ヨゲンノスリ富士花鳥園

300mm f/6.3と私の腕の限界。

 


<ヨゲンノスリ富士花鳥園

200mm f/2.8を持ってくるべきでした…重いのですが…

 


<ヨゲンノスリ富士花鳥園

着地。

 


<ヨゲンノスリ富士花鳥園

翼が起こす風圧を感じます。

 


<ヨゲンノスリ富士花鳥園

生態系の頂点の眼力。

 


<ヨゲンノスリ富士花鳥園

目指す先は…

 


<ヨゲンノスリ富士花鳥園

お肉!

 


アメリワシミミズク富士花鳥園

ワンコインお布施をすると直接触れ合えます。

 


アメリワシミミズク富士花鳥園

ミミズクはやっぱり至高ですね…

 


アメリワシミミズク富士花鳥園

この羽角がたまりません。

 


アメリワシミミズク富士花鳥園

身体はふわっふわ。むしろ無です。
ちなみにお家にお迎えするとなると、50万円超が必要になります……

 


フクシア富士花鳥園

圧巻のフクシア・カーテン(下向きに咲く樹花)。

 


<ベゴニア@富士花鳥園

驚異のベゴニア富士。

 


<ベゴニア@富士花鳥園

富士花鳥園は1200株のベゴニア、300品種のフクシアアジサイなども見応えあります。

 


コンゴウインコ@富士花鳥園

コンゴウインコ。

 


<キンケイ@富士花鳥園

キンケイ。

 


<カブトムシ@富士花鳥園

カブトムシに…

 


ヘラクレスオオカブト富士花鳥園

ヘラクレスオオカブトまでいます。

 


<うさぎ@富士花鳥園

うさぎとも触れ合えます。

 


<うさぎ@富士花鳥園

いい目。

 


<うさぎ@富士花鳥園

ふわふわです。

 


<ケープペンギン@富士花鳥園

ペンギンにもちょくでご飯をあげられます。

 


<ケープペンギン@富士花鳥園

結構気が荒かったです。

 


<サバミミズク@富士花鳥園

昼寝するサバミミズク。

 


コブハクチョウ富士花鳥園

屋外の池では白鳥やペリカン、フラミンゴが放し飼いです。

 


コブハクチョウ富士花鳥園

ガブリ。

 


<フラミンゴ@富士花鳥園

綺麗なフラミンゴもいます。

 


<フラミンゴ@富士花鳥園

真顔OF真顔。

 


<フラミンゴ@富士花鳥園

こっち見んな!

 


<フラミンゴ@富士花鳥園

ガブリ。

 


<シロトキ@富士花鳥園

アメリカ産のシロトキもいます。

 


エミュー富士花鳥園

広いエミュー牧場もあります。

 


エミュー富士花鳥園

ごはんタイムは結構な迫力ですが…

 


エミュー富士花鳥園

めちゃくちゃおとなしいです。

 


エミュー富士花鳥園

ハグ。

 


エミュー富士花鳥園

目も優しいです。

 


エミュー富士花鳥園

それにしても速いレンズがあれば!

 


<ベゴニア@富士花鳥園

ベゴニアお食事中。

 


<メンフクロウ@富士花鳥園

ラストはフクロウ・ミミズクコーナーです。

 


アフリカオオコノハズク富士花鳥園

この目!

 


<トルクメニアンワシミミズク富士花鳥園

羽角!

 


<ファラオワシミミズク富士花鳥園

ファラオ!

 


アナホリフクロウ富士花鳥園

穴掘り!

 


アナホリフクロウ富士花鳥園

呼んだらこっち見ます。

 


<コキンメフクロウ@富士花鳥園

金眼!

 


<クロワシミミズク富士花鳥園

脚がかっこいいです。

 


<クロオビヒナフクロウ@富士花鳥園

こういうチョコアイスありますね。

 


<カラフトフクロウ@富士花鳥園

縦80cmぐらいあります。

 


シロフクロウ富士花鳥園

これはずるい!
鳥好き花好きの方には超おすすめです。
フクロウ・ミミズク好きの方にはマストだと思います。
とりあえずいいレンズ持って再訪しないといけません。

 


<イタリア家庭料理 ラ・ルーチェ@河口湖>

花鳥園から139号線を北上し山梨県へ。
鳴沢村の富士眺望の湯ゆらりさんでお風呂に入ったあとは、河口湖畔のイタリア料理店、ラ・ルーチェさんで晩御飯です。

 


<イタリア家庭料理 ラ・ルーチェ@河口湖>

素晴らしいサラダ。

 


<イタリア家庭料理 ラ・ルーチェ@河口湖>

生ハムとルッコラのピッツァ。

 


<イタリア家庭料理 ラ・ルーチェ@河口湖>

ゴルゴンゾーラのピッツァにははちみつを。

 


<イタリア家庭料理 ラ・ルーチェ@河口湖>

しそとしらすのパスタ。

 


<イタリア家庭料理 ラ・ルーチェ@河口湖>

ワタリガニのパスタと。

 


<イタリア家庭料理 ラ・ルーチェ@河口湖>

夏野菜のパスタ!
飛び込みでお邪魔したのですが、実に素晴らしい名店でした。

 

雲が晴れなかったのは残念でしたけど、やはり富士山麓は最高でした。
涼しくなったらぜひまた再訪したいです。

 

この記事のFlickrアルバムはこちらです。
flickrアルバム:180814 Touring @ FUJINOMIYA City, SHIZUOKA Pref,


富士花鳥園のGoogleMapはこちらです。