The Esoteric Order of Damned Man Site-2

Hello Hello Hello Hello How low? @Kawasaki JAPAN Love sky, sea, alcohol, snorkeling, Bird Watching. Pics taken by TORQUE 5G, CANON EOS M6 MarkII, NIKON 1 J4 & D700, I'm DTP Designer

20190324 川奈港・東伊豆シュノーケリング行/ボラクーダと冬のムレハタタテダイ の事

 


<ボラ大群@川奈港>

みんカラでほそぼそとやっていたのですが、写真サイズ他の問題ではてなブログに移ってきてみました。よろしくお願いいたします。
The Esoteric Order of Damned Man Site | D3_plusのブログ一覧 | - みんカラ

 


2019/03/24
静岡県伊豆半島の東伊豆にある川奈港へシュノーケリングに行ってきました。

天気は快晴、弱い南寄りの風で穏やかです。 若干白濁りがありつつも透明度は10m前後、水温16度といったところです。

お目当ての、季節外れのムレハタタテダイには3尾ほど。 その他、ボラクーダ(ボラの大群)、ハナミノカサゴ、キンチャクダイ、クマノミyg、などが見られました。


場 所:東伊豆・川奈港
日 時:190324 10:30〜15:00
天 候:晴れ
気 温:14℃
水 温:16℃
波 高:無し
 風 :南東弱風
透明度:10m前後
撮 影:水中:NIKON 1 J4 + 1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6 PD-ZOOM
    INON UCL-165M67
 

この記事のFlickrアルバムはこちらです。
flickrアルバム:190324 Snorkeling @ Port KAWANA / East IZU


みんカラのカテゴリー別リンクはこちらです。
ブログ:シュノーケリング@東伊豆・川奈港


はてなブログのカテゴリー別リンクはこちらです。

 

<ボラクーダ@川奈港>

砂地でボラの超大群(通称ボラクーダ)に囲まれました。

 


<@川奈駅

新しいキャリーバッグで川奈駅

 


<@川奈駅

アウト!

 


<貧乏エントリー@川奈港>

桜の芽吹き始めた川奈港に到着。 お天気最高です。

 


<貧乏エントリー@川奈港>

ぃょぅ。

 


ニザダイ他@川奈港>

早速入水。 透明度は10mといったところでしょうか。

 


<キンギョハナダイ他@川奈港>

キンギョハナダイがいました。

 


<キンギョハナダイ他@川奈港>

オスに性転換したばかりのように見えます。

 


<アカヤギ他@川奈港>

根の先端の底にあるソフトコーラル群生。

 


ムレハタタテダイ@川奈港>

ビーチ中央のトライアングル魚礁の基底部にムレハタタテダイがついていました。

 


ムレハタタテダイ@川奈港>

前の週には30尾ほどあつまっていたそうです。 水温16度と、この時期にしては高水温のおかげでしょうか。

 


<ボラ大群@川奈港>

突然暗くなった!と思ったら、周囲をボラの大群に囲まれていました。

 


<ボラ大群@川奈港>

一尾60cmはある大きなボラが、数千〜数万の単位で集まっています。

 


<ボラ大群@川奈港>

ボラは秋と春、大きな群れを作って産卵のために南下て行きます。 これが所謂「ボラクーダ」ですね。

 


<カワハギ他@川奈港>

トライアングル魚礁の上部の隙間。 カワハギとニジギンポがいます。

 


<ハナミノカサゴ@川奈港>

その下には大きなハナミノカサゴ

 


<ハナミノカサゴ@川奈港>

ご立腹でグイグイきます。

 


<ハナミノカサゴ@川奈港>

下に回り込みたいのですが…

 


<ハナミノカサゴ@川奈港>

警戒されてしまいました。

 


<ボラ大群@川奈港>

そこにまたまたボラクーダが!

 


<ボラ大群@川奈港>

砂を巻き上げてぐるぐる回っています。

 


<ボラ大群@川奈港>

ワイコンが手元にない時期だったのが残念です。

 


<キンチャクダイ他@川奈港>

大きなキンチャクダイ。

 


<キンチャクダイ他@川奈港>

奥に大きなラッパウニもあります。

 


アオリイカ群れ@川奈港>

かすかに見えるのはアオリイカの群れです。

 


アオリイカ群れ@川奈港>

かなり大きな個体でした。 産卵の下見かな?

 


クマノミyg@川奈港>

いつものイソギンチャク群生からミツボシクロスズメダイygが消えてしまっていました。残念…とよく探して見ると小さなクマノミの幼魚が隠れていました。 越冬ご苦労さまです。

 


タカノハダイ@川奈港>

大きなタカノハダイ

 


<貧乏エントリー@川奈港>

お昼休憩。
まだ先代の紫SuperMewです。

 


<貧乏エントリー@川奈港>

お客さん登場。

 


<貧乏エントリー@川奈港>

美白港猫様。

 


<貧乏エントリー@川奈港>

ぃょぅ。

 


<貧乏エントリー@川奈港>

何もなくてスイマセン。

 


<キビナゴ大群@川奈港>

午後の海へ。 浅瀬を覆うキビナゴの大群。

 


<トライアングル魚礁@川奈港>

透明度は少し落ちてきています。 ボラクーダの巻き上げた砂煙のせいかもしれません。

 


<ダイバー@川奈港>

浅瀬を行くスクーバダイバーさん。

 


トラウツボ他@川奈港>

大きなトラウツボサラサエビのクリーニング中だったようです。

 


<タカベyg群れ他@川奈港>

防波堤沿いに集まっている銀色に輝く群れは…

 


<タカベyg群れ他@川奈港>

タカベの幼魚のようです。

 


<タカベyg群れ他@川奈港>

キビナゴも混じっています。
ここで体温が限界を迎えたので終了です。

 


<貧乏エントリー@川奈港>

道具を片付けていると…朝お会いした黒港猫様かな?

 


<貧乏エントリー@川奈港>

リラックス。

 


<貧乏エントリー@川奈港>

猫目。

 


<貧乏エントリー@川奈港>

装備をチェックしに来られました。

 


<貧乏エントリー@川奈港>

危ないので火は消しました。

 


<貧乏エントリー@川奈港>

なでり。

 


<貧乏エントリー@川奈港>

定位置はここのようです。

 


<貧乏エントリー@川奈港>

舌と肉球の大サービス。

 


<@川奈港>

帰りのバスの時間まで、港をちょっと散策します。

 


<@川奈港>

初島が見えます。

 


<@川奈港>

箱メガネと長い竿でナマコ漁でしょうか。

 


<@川奈港>

奥に見えるのは姥子神社の夫婦岩
珍しい黄色い鳥居や洞窟、船岩、日蓮聖人像など色々見所があるそうです。

 


<@川奈港>

川奈港内。

 


<@いるか浜>

港の隣のいるか浜。

 


<@いるか浜>

冬ならこちらで潜ってみるのもありかもしれません。

 


<@いるか浜>

かけこみ子供。

 


<@いるか浜>

サザエ。

 


<@いるか浜>

川奈と言えば追い込み漁…

 


<@川奈港>

川奈港に戻ってきました。 正規エントリーのある防波堤から貧乏エントリー方面。

 


<@川奈港>

OASISさんは“あの”ぐらんぶるの聖地、ダイビングショップGrand blueのモデルです。

 


<@川奈港>

貧乏エントリーの階段に大きな港猫様がいます。

 


<@川奈港>

という事で終了です。

 

この記事のFlickrアルバムはこちらです。
flickrアルバム:190324 Snorkeling @ Port KAWANA / East IZU


みんカラのカテゴリー別リンクはこちらです。
ブログ:シュノーケリング@東伊豆・川奈港


はてなブログのカテゴリー別リンクはこちらです。

 
川奈港のGoogleMapはこちらです。