The Esoteric Order of Damned Man Site-2

Hello Hello Hello Hello How low? @Kawasaki JAPAN Love sky, sea, alcohol, snorkeling. Pics taken by TORQUE G03, NIKON 1 J4 & D700, I'm DTP Designer

水中撮影:170528 御料所海岸/芝崎海岸・葉山シュノーケリング行 の事

<@真名瀬バス停>

みんカラでほそぼそとやっていたのですが、写真サイズ他の問題ではてなブログに移ってきてみました。よろしくお願いいたします。
The Esoteric Order of Damned Man Site | D3_plusのブログ一覧 | - みんカラ

 

 

2017/05/28
神奈川県葉山の芝崎海岸にシュノーケリングに行ってきました。

芝崎海岸は東京圏から一番近いダイビングポイントです。
ポイント全体が昭和天皇陛下がウミウシ他の採集・研究をされた葉山町指定天然記念物で、道路沿いの階段から100m沖まで続く岩礁がメインです。沖に出ると水深20mを超え、ドロップオフなどヒリゾ浜並のダイナミックなポイントになります。透明度は5m前後のことが多いですが、年に数回20m以上抜けることがあります。

西に突き出た凸地のため、東風以外では荒れがちですが、関東有数の巨大な潮だまりがあるのでそこで十分遊べます。初心者の方でもOKです。
潮だまりにはウミウシ、マダコ、キヌバリ、チャガラ、ギンポなどの小魚。沖に出ると、メバルクロダイ、キンギョハナダイ、ソラスズメダイなどが見られます。数年に一回、ウミガメやマンボウが出たりします。個人的には潮だまりのコケギンポ団地が最高に楽しいです。

・風向き:東風以外は荒れやすい
・透明度:年に数回抜ける
・魚 影:割りと濃い
・地 形:岩場
・初〜上級者向け
・交 通:JR横須賀線逗子駅からバスで15分
・駐車場:有り、やや遠い
・トイレ:公衆トイレ有り、やや遠い
・海の家:無し(ダイビングショップあり)

場 所:葉山・芝崎海岸
日 時:170528 10:00〜16:30
天 候:晴れ
気 温:25℃
水 温:20℃
波 高:無し〜ややうねり
 風 :北東〜南西
透明度:3〜5m



この記事のFlickrアルバムはこちらです。
170528 Snorkeling @ Beach SHIBASAKI, HAYAMA,

 

みんカラのカテゴリー別リンクはこちらです。
ブログ:シュノーケリング@葉山・芝崎海岸

 

<@真名瀬バス停>

手前から裕次郎灯台、名島。その奥には江ノ島、富士山なども見えます。

 

ネンブツダイ他@芝崎海岸>

バス停から500mほど防波堤沿いに歩いていくと、芝崎海岸に到着します。
さっそく入水したのですが…ちょっと透明度は……

 

<キンギョハナダイyg他@芝崎海岸>

ガンガゼバックのキンギョハナダイyg。

 

<サラサウミウシyg他@芝崎海岸>

サラサウミウシもいました。

 

<ムカデミノウミウシ他@芝崎海岸>

ムカデミノウミウシが多い場所です。

 

メバル他@芝崎海岸>

春濁りですね。

 

<チャガラyg他@芝崎海岸>

ですが場所を選べばこれはこれで良い雰囲気です。

 

<ムラソイ他@芝崎海岸>

岩に同化しています。

 

<オジサン他@芝崎海岸>

いい日差しの感じ。

 

<アイゴ他@芝崎海岸>

ホンダワラの林。

 

ネンブツダイ他@芝崎海岸>

栄養豊富な葉山の海です。

 

<ムツyg@芝崎海岸>

ムツの幼魚の群れ。

 

ハコフグ@芝崎海岸>

海岸の北側の斜面には定置網が置かれていることがあります。

 

ハコフグ@芝崎海岸>

網の外側でしかもかかりが浅かったので、この後無事脱出していました。

 

メバル@芝崎海岸>

春告げ魚ことメバル

 

<アカササノハベラ他@芝崎海岸>

恒例の穴覗き。

 

<@芝崎海岸>

休憩中。

 

<@芝崎海岸>

珍しく他にスキンダイバーさんのグループがいました。

 

カゴカキダイ@芝崎海岸>

午後の海へ。少し水質が良くなってきた気がします。

 

キヌバリ@芝崎海岸>

潮溜まりにキヌバリの群れ。

 

キヌバリ@芝崎海岸>

流石に上皇陛下が研究された地ですね。

 

メジナyg他@芝崎海岸>

メ、メジナかな?

 

<カワハギ@芝崎海岸>

肝がパンパンです。

 

<マダコ@芝崎海岸>

マダコもとても多いです。

 

キヌバリ他@芝崎海岸>

奥にキンギョハナダイygもいます。

 

<マダコ他@芝崎海岸>

岩かな?

 

<マダコ他@芝崎海岸>

かなり大きなマダコでした。

 

<マダコ他@芝崎海岸>

そして離脱。

 

ネンブツダイyg他@芝崎海岸>

ネンブツダイの群れ。

 

アオリイカの卵嚢@芝崎海岸>

アオリイカの卵嚢発見。

 

<ムラソイ他@芝崎海岸>

さっきも見たムラソイかな?

 

<マダコ他@芝崎海岸>

マダコ本体は上手に隠れるのですが、巣穴のまわりに貝やカニの殻の白い面を表にして置く癖があるのでわかります。

 

<ムラソイ他@芝崎海岸>

しゅっと離脱。

 

<アイゴ他@芝崎海岸>

海藻豊富でアイゴも丸々としています。

 

アオリイカの卵嚢@芝崎海岸>

こちらの卵嚢はまだ新しいようです。

 

<マダコ@芝崎海岸>

またまた大きなマダコ。

 

<マダコ@芝崎海岸>

ご立腹です。

 

キヌバリ他@芝崎海岸>

潮溜まりの浅瀬なら綺麗に見えます。

 

キヌバリ他@芝崎海岸>

少しヒレを開いています。

 

クサフグ他@芝崎海岸>

クサフグがこちらを見ています。

  

<ナベカ@芝崎海岸>

Elegant Blenny(エレガントなギンポ)ことナベカ。

 

<イソギンポ@芝崎海岸>

こちらはイソギンポ

 

<イソギンポ@芝崎海岸>

イケメンです。

 

<コケギンポ@芝崎海岸>

虹のコケギンポ

 

<コケギンポ@芝崎海岸>

芝崎の潮溜まりはギンポパラダイスです。

 

<コケギンポ@芝崎海岸>

穴から出てくるのはちょっと貴重ですね。

 

<イソギンポ@芝崎海岸>

虹のイソギンポ

 

<コケギンポ@芝崎海岸>

皮弁が立派。

 

アオウミウシ@芝崎海岸>

Theウミウシ

 

アオウミウシ@芝崎海岸>

集団お見合い中でした。

 

キヌバリ@芝崎海岸>

キヌバリは結構好奇心が強いので、マクロ撮影していると近くによってきたりします。

 

<ダイナンギンポ@芝崎海岸>

ダイナンギンポもあんまり逃げません。

 

<ダイナンギンポ@芝崎海岸>

動くと速いんです。

 

アオウミウシ@芝崎海岸>

アグレッシヴなアオウミウシ

 

アオウミウシ@芝崎海岸>

たまにこんな感じで動いているんですよね。

 

クロダイ@芝崎海岸>

好奇心旺盛キングはクロダイです。

 

カゴカキダイ他@芝崎海岸>

16:30にて終了です。

水質は春濁り全開でしたけど、結局6時間半丸々一日楽しんでしまいました。
芝崎海岸の巨大潮溜まりは悪状況に強いので助かります。

 

この記事のFlickrアルバムはこちらです。
170528 Snorkeling @ Beach SHIBASAKI, HAYAMA,


みんカラのカテゴリー別リンクはこちらです。
ブログ:シュノーケリング@葉山・芝崎海岸

 


芝崎海岸のGoogleMapはこちらです。